サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 特集
特集
復興へ向け白熱 郡山市長選 現新が再び激突
福島県の中央に位置し、「経済県都」と呼ばれる人口約33万の中核市・郡山市。東日本大震災後初めてとなる、任期満了に伴う郡山市長選の告示(4月7日)まで3日と迫った。投開票は14日。 立候補を予定しているのは、
「震災復旧・復興関連投資が高水準を持続」 日銀福島支店長が講演
日本銀行福島支店の野村充支店長(50)は3月18日、郡山市で講演し、日本経済や福島県の経済をめぐる最近の動向について語った。 今年のわが国の経済について、野村支店長は「景気は下げ止まっているが、輸出は下げ
福島原発事故と報道を考える ハートシップ川内村講座
原発事故を克服し、新しい村づくりに着手している福島県川内村を支援する「ハートシップ川内村」の第4回講座は、同村コミュニティセンターで開かれた。今回は東京電力福島第一原発事故以降、福島県はどう報道されて
南東北春日リハビリテーション病院 「子育てサポート企業」に認定 仕事と家庭両立の職場づくりに取り組む
仕事と子育てを両立しやすくするための職場作りに取り組んでいる須賀川市の医療法人社団三成会・南東北春日リハビリテーション病院(後藤恒夫院長)が厚生労働省の子育てサポート企業に認定された。医療法人としては
日本が直面する外交課題語る 元外務事務次官の薮中さんが講演
元外務事務次官で立命館大教授の薮中三十二(みとじ)さん(65)は郡山市で講演し、日本が直面する外交課題と米中韓露、アセアン、EUを軸にした国際社会の展望を解説した。 薮中さんは「タカ派的な安倍政権の誕生や
太陽光発電の「市民発電所」 いわき市小川町に3月にも完成
震災・原発事故以降、エネルギーの「地産地消」化を進める動きが、福島県内でも急速に広がっている。1月にいわき市に設立された「いわきおてんとSUN企業組合」(吉田恵美子理事長)は、同市小川町に「市民発電所」を
川内村を日本一の花園へ 来春から造園活動 かえる塾の取り組みが本格化
福島第1原発事故で全村避難し、今年1月の「帰村宣言」を経て、新しい村づくりに着手している川内村の村民を支援するハートシップ川内村&郡山かえる塾。12月9日には、「川内の未来をみんなで考えよう! 日本一の花園
若者を軸にした福島復興への取り組みを 異業種交流会で上岡さん提案 
郡山市の専門学校グループFSGカレッジリーグを経営する新潟総合学園(新潟市中央区)は11月27日、第4回「異業種交流会501郡山支部」例会を郡山市で開いた。環境情報を発信するNPO法人エコロジーオンライン理事長の上
再生可能エネ技術で復興シナリオ 郡山で産学官フォーラム
再生可能エネルギー技術の視点で福島の復興を考える「第13回産・学・官連携フォーラム~再生可能エネルギー技術を基軸とするふくしま復興のシナリオ~」は11月15日、郡山市の日本大学工学部で開かれた。日本大学工学
岐路に立つ日中関係考える 郡山で天児氏が講演
 郡山市を中心とした異業種交流団体・MBA21は11月2日、現代中国、アジア問題の専門家で早稲田大大学院アジア太平洋研究科教授、天児慧(あまこ・さとし)氏(65)を講師に迎えた緊急例会を開いた。 尖閣列島の領有
「ロハスの家」テーマに持続可能な社会づくり考える 郡山で復興シンポジウム
再生可能エネルギーによる「ロハスの家」をテーマにした、ふくしま復興支援シンポジウムが郡山市で開かれ、環境問題を含めたグローバルな視野でふくしまの未来像を考えた。郡山市の異業種交流団体・MBA21が主催し
旧藩当主が「戊辰戦争白河口の戦い」語る 白河で全国歴史研究会大会
戊辰戦争白河口の戦い全国歴史研究会の第28回全国大会「奥州白河大会」は10月19日、福島県白河市で開幕した。21日まで史跡見学会が開かれている。  初日は式典、記念シンポジウムの基調講演、旧藩当主らを迎えたパ
福島復興へ地域のエネルギー制度、政策を考える NPOと大学がフォーラム
福島県におけるグリーンエネルギー(再生可能エネルギー)の利活用を考えるフォーラム「地域のエネルギーとお金を地域と地球に活かす」~福島の復興に資する再生エネルギー利用にむけて~が9月26日、福島市の福島
福島への思いと絆深く ソウルで日韓交流イベント     震災・原発事故乗り越え 佐藤牧師が講演
韓国から福島への応援メッセージを届けるイベント「きずな」が1日、韓国・ソウル市のオンヌリ教会で開かれた。福島第1原子力発電所の一番近くにあった教会として知られる「福島第一聖書バプテスト教会」の佐藤彰
「東電の会議映像 全面開示を」  事故後に混乱、迷走する本店と現場
東京電力が2011年3月11日の福島第1原発事故直後から記録した社内テレビ会議の映像で、東京地裁が映像の加工されていない原本のコピーを保管する手続きを取ったことが8月29日、報じられた。同原発事故当時
自然エネルギーの島「ロラン島」の取り組み学ぶ ニールセン北村さんら講師に招き
環境ジャーナリストのニールセン北村朋子さん(デンマーク・ロラン島在住)らを講師に迎えたセミナーが7月29日、郡山市で開かれ、安心エネルギー社会を進める先進地デンマークの取り組みなどが紹介された。 ニー
自然エネルギーの島の先進的取り組み学ぶ 福島おひさま連合設立シンポジウム
県民が主導する再生可能エネルギー事業を通して福島の復興を進めようという、一般社団法人「福島おひさま連合」の設立記念シンポジウムが11日、福島市で開かれ、自然エネルギーの島で知られるデンマーク・ロラン島
昌平黌が孔子祭国際シンポジウム 現代文明と東洋思想考える
いわき市の東日本国際大、いわき短大などを運営する学校法人・昌平黌は、孔子祭と記念国際シンポジウム「現代文明と東洋思想」を同市で開き、儒学教育の果たす重要性と国際展望を探った。  シンポジウムは6月
1 | 2 | 3 | 4 | 5

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した東和ユニフォーム(本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開

おすすめサイト