サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 特集 > 音楽家石河さんが85歳コンサート 音楽活動65年も記念  いわき・1300人が駆けつけ
特集

音楽家石河さんが85歳コンサート 音楽活動65年も記念  いわき・1300人が駆けつけ

福島県合唱連盟名誉理事長で合唱指揮者、作曲家の石河清さん(いわき市)の音楽生活65周年を記念した「85才のコンサート」が4月21日、同市の芸術文化交流館アリオスであった。長年にわたって後輩らの音楽指導にあたり、郷里の文化向上ために力を尽くしている石河さん。今回の記念コンサートには市民や音楽関係者ら約1300人が駆け付け、情感あふれるバリトンの「石河節」に感涙した。85歳にして今も現役で音楽活動に励み、青年のようにみずみずしい感性で音楽に打ち込む石河さん。その半生を含めてリポートした。
 
            ◇
 石河さんは、いわ市常磐湯本町生まれ。いわき湯本温泉街に育った。5歳の時に母親を亡くし、芸術好きだった祖母の手で育てられた。そうした影響で、日本大芸術学科映画科に進み、映画監督を目指した。アングラ劇団にも入り、研修を積んだ時期もあった。
 同大を中退し、故郷で中学の先生となったことがきっかけで、戦後間もない1946(昭和21)年に故若松紀志子さんに師事。ピアノと歌の指導を受けるようになった。「人前で初めて歌ったのが『叱られて』だった」と、石河さんは話す。
 その後、東京・豊洲で小学の先生を務めることに。「駐屯地の米軍に頼まれて、生徒たちとクリスマスの教会で歌うことがあり、ごほうびにと学校にピアノが届いたことがあった」と回顧する。この時代、音が外に漏れないようにピアノに布団をかぶせて、熱心に練習したという。
 51年に国立音楽大学に入学し、以来、本格的な音楽の道を歩むようになる。卒業と同時に福島高の教諭となり、栄子さんと出会って結婚。59年に郷里に転勤、翌年に「いわきお母さんコーラス」を結成したのが始まりで、「平FG」なども指導した。
 常磐音楽舞踊学院(現スパリゾートハワイアンのフラガール養成所)で歌唱指導をしたのも石河さんだった。当時の常磐音楽舞踊学院は、クラシックバレエ、ジャズダンスなどの基礎レッスンからフラ、タヒチアン、フラメンコ、マオリダンスなどの民族舞踊のレッスン、さらには声楽、茶道、クラフトなど総合的に教育する学校だった。
 石河さんはよく「something different独創的であること」と話し、「慈悲喜捨」を信条とする。
 音楽指導の中で日ごろから礼節の大切さを説き、生徒たちは「人生の先生」と信望を寄せる。
 石河さんは、再び国立音楽大学専攻科で学び、67年から郡山女子大学短期学部音楽科、75年からはいわき短期大学幼児教育科で教べんをとるようになった。退職後も、いわき市内のコーラス団体「ラビアンローズ」「ラビアンクール」「虹」などの指導にあたる日々だ。「心に響く日本の歌を1000曲歌う会」を立ち上げ、同会での歌唱指導は2000曲を超えた。大学生だったころからのニックネーム「おとうちゃん」の頼もしい風ぼうは変わらず、会員たちからは全幅の信頼を受けている。
 一昨年、最愛の妻栄子さんを失い、これまで二人三脚で歩んできた音楽人生を振り返る毎日となったが、次の目標はすでに決めていた。85歳になったら開くコンサート。ブレスや響き、日本語の表現、音楽性の向上など目標とすることが多くある中で、最もこだわったのが「石河節」の確立だった。「レッスンでソプラノ歌手大倉由紀枝さんにほめられたよ」と、喜ぶ笑顔は青年のようだった。
 
 
 今回のコンサートは65年にわたる音楽生活の集大成。イタリア古典歌曲から「カロ・ミオ・ベン」や「ラルゴ」、日本歌曲では「叱られて」などを情感あふれるバリトンでつややかに歌い上げた。指導する合唱団の歌や、観客とともに音楽に合わせての手遊びもあり、3時間のコンサートはアットホームのうちに成功裏に終わった。観客のひとりは「85歳の経験に裏打ちされた、まさにイシカワワールドの世界。聴いていて涙が出てきました」と話していた。
  石河さんの新たな目標は88歳の「米寿の音楽会」。青年のように高らかに志を掲げ、次の新たな活動を始めている。
 

            【写真提供:いわき芸術文化交流館アリオス / 撮影・村井佳史さん】


 

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
乾杯ドリンクのサービス
郡山駅前(アーケード)のダイニング&バー「えん」は、ドリンク一杯をサービス。アサヒビール「エクストラコール」もしくはニッカのフリージングハイボール。日曜から木曜まで。☎︎024-926-5962
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
5泊以上宿泊客 特別割引キャンペーン
現代の湯治場「湯野上ホテル 心ノ癒」(南会津郡下郷町)は、5泊以上の宿泊客を対象に特別割引キャンペーンを行っている。1泊2食付4,000円(税別)。
現在、体に不調を感じているお客様が対象。①体に不調を感じている②5日以上の宿泊利用③当ホテルでの健康セミナー(無料)に参加できることが条件。以前に5泊以上で利用のお客様の紹介で、当施設を利用している方に限り、双方に宿泊一泊分をプレゼント。電話(0241-68-2217)で予約する。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト