サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 特集 > 川内村を日本一の花園へ 来春から造園活動 かえる塾の取り組みが本格化
特集

川内村を日本一の花園へ 来春から造園活動 かえる塾の取り組みが本格化

福島第1原発事故で全村避難し、今年1月の「帰村宣言」を経て、新しい村づくりに着手している川内村の村民を支援するハートシップ川内村&郡山かえる塾。12月9日には、「川内の未来をみんなで考えよう! 日本一の花園をめざす」を掲げた第2回講座が同村で開かれるなど、復興支援に向けた取り組みが加速している。
 村民の復興支援に乗り出している川内かえる塾が主催した。今回は宇都宮大農学部教授の山根健治さんを講師に迎え、園芸、造園学を学びながら新しい村づくりの参考にしようという狙い。テーマは「ガーデンライフ~園芸とQOL(生活の質)~」。
 山根さんは、園芸、造園活動が村民のクオリティ・オブ・ライフ(QOL、人間らしい・自分らしい生活)活動に何らかの結ぶつく可能性があるとした。具体的には「園芸活動の時間と活力が心の健康と相関する」などと説明。ほかに、ストレスや痛みの緩和などにも一定の効果があると強調した。東洋や西洋など地域による庭園の相違や歴史についてもスライドでわかりやすく説明した。
 川内村のガーディニングに関しては「自生している草花などを生かし、通年型で花が楽しめるようにしたらいい」とアドバイスした。
 講座には復興支援のボランティア、村民ら約40人が参加し、自己紹介やそれぞれの意見を述べ合った。
 川内かえる塾では来春、休耕田を利用した花畑をつくる予定だが、将来的には村民、ボランティア、関係機関などと連携し、「全村庭園」構想に取り組む考えだ。この日の講座でも、村民、専門家らからこうした考えが挙がった。
 参加者たちはこの後、花園の予定地を訪れて視察した。
                          ◇
 今後は、山根さんらをアドバイザーに構想の実現を図る。山根さんは熊本市生まれ。東京大農学部卒、同大学院農学系研究科修士課程修了。東京農工大助教授、東京大非常勤講師などを経て、2011年から現職。
 ▽問い合わせ先:川内かえる塾(郡山市、星亮一事務所内/電話024-933-5020、ファクス024-933-5023)http://www.mh-c.co.jp/

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト