サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 特集 > 福島原発事故と報道を考える ハートシップ川内村講座
特集

福島原発事故と報道を考える ハートシップ川内村講座

原発事故を克服し、新しい村づくりに着手している福島県川内村を支援する「ハートシップ川内村」の第4回講座は、同村コミュニティセンターで開かれた。今回は東京電力福島第一原発事故以降、福島県はどう報道されてきたかを語り、検証する講座。
 「福島原発事故と報道」をテーマに、日本国際情報学会会長の近藤大博(もとひろ)さん、福島民報社取締役論説委員長の鈴木久さん、川内村長の遠藤雄幸さんがそれぞれの立場から意見を交わした。
 

 □鈴木久さん・福島民報社取締役論説委員長

 鈴木さんは報道機関を代表し、混乱を極めた新聞製作の現場や記者の思いを話した。こうした中で、新聞としての記録性を意識するようになったとし、「3R(report、record、review)」を例に、知るべき情報を運ぶリポート、記録のレコード、視点・論点を提供するレビューについて話した。
 また、今回の原発事故で専門的な人材を配置していなかった点や、今後の研究報道の在り方にも言及。精神的不安に陥った現場の記者の悩みにも触れた。
 

 



 □遠藤雄幸さん・川内村長

 昨年1月に帰村宣言し、川内村の復興に取り組む遠藤村長は、村の除染状況と医療環境、産業などについて話した。
 除染は住民区域で100%完了しているが、村の約8割を占める森林除染(第2次除染)はこれからであると述べた。今後の医療環境は、内科、心療内科、整形外科、眼科、歯科の設置を図っていきたいとし、また、新しい農業については水耕栽培(完全密封型)が具体的に始まる見通しを示した。
 

 □近藤大博さん・日本国際情報学会会長

 元中央公論編集長でもある近藤さんは、各雑誌に掲載された原発事故に関する記事を抽出し、分析した。
 当初は専門家外の人が(原発事故や放射能汚染問題を)書いた記事が見受けられ、事故から半年も経過すると直接的には福島原発を論じなくなっていった傾向があると指摘。この時点あたりから再生可能エネルギーにシフトする特集が目立つようになったとした。
 調査報道や、学者レベルに近づく専門家(記者、ライター)育成の大切さについても強調した。
 

 3人による討論、参加者との質疑応答もあった。この中で「東電だけが責任を負えばいいのか、立地してきた基礎自治体の責任はどうなのか」「生き方を否定された、この思いは外からはなかなかわからない」「全国との認識のズレ」といった深刻な課題も突きつけられた。
                  ◇
 近藤さんは東京大文学部卒。中央公論編集長を経て、現在は河南大(中国)客員教授、早稲田大政治経済学術院、日本大大学院総合社会情報研究科の各非常勤講師を務める。新潟日報「読者・紙面委員」。著書に「漂流する日本」「浮遊する日本」など。

 鈴木さんは東北大文学部卒。福島民報社編集局メディア室長、メディア局企画部長、総括部長などを経て、現職。

 遠藤さんは川内村生まれ。福島大卒。元福島県商工会青年部連合会副会長。家業から村議を経て、現職。

                                                                       (2013・2・24)

 

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。バラの季節を迎え、特価でのバケツ売りの特売日もあり。ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した東和ユニフォーム(本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開
熟成とんかつまる兵衛郡山コスモス通り店 お買い得弁当
外食事業などを展開するマルベリィのコスモス通り沿い(郡山市谷地本町)とんかつ専門店は4月限定で弁当を販売。200円引きのお買い得となっている。当店は温度や湿度を管理して熟成させた「特別熟成肉」が好評。「特別熟成ロースカツ定食150g」1180円。

おすすめサイト