サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也
コラム・筆は一本也
「法の善し悪し」
10月1日からの一週間は「法の日」週間だ。それでも筆者にとっては馴染みが薄く、そうだったのかとその“存在”をあらためて思う。今月1日は55回目の「法の日」。祝日の憲法記念日に比べると周知度はやはり
「赤い羽根に託す」
時代の変遷なのか、人手不足なのか、近ごろ「赤い羽根」の街頭募金活動やチラシ配布、署名活動があまり見かけなくなった。赤い羽根の街頭募金は暮れゆく年の象徴的な光景だったが、今はほとんど見かけない。ひと昔前
「責任者なしにびっくりぽん」
朝ドラのヒロインの口癖「びっくりぽん」ではないが、まさしく驚き、びっくりぽんである。築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転を巡り、新市場の主要建物の下に土壌汚染対策の盛り土がされていな
「どうする原子力政策」
今朝の新聞にこんなくだりの記事があった。〈福井県にとって、もんじゅは地域振興策を引き出す「カード」の側面もあったという。複数の関係者は、原子力政策への協力を引き合いに、新幹線や高速道路の延伸を求めたこ
「下流老人と若者の貧困」
昨日のコラムで、四国遍路の寺でさい銭ドロボウが相次いでいる話を取り上げた。書き忘れたことで恐縮だが、さい銭ドロの犯行に及んだ人の多くは人生の多くを経験した分別もある年輩者だという。相次ぐ被害に遭うあち
「心の監視カメラ」
筆者が幼いころ、近くの神社の賽銭(さいせん)箱の中からお金を盗むという話をよく聞いたことがあった。当時は神社の境内など寝泊まりしていた浮浪者なのか、あるいは子どもたちの悪戯(いたずら)だったのかもしれ
「コンパクトな五輪」
早いもので2020東京五輪の開催決定から3年。夏季オリンピックとパラリンピックの開催地が再び首都・東京に決まったのが、きょう9月8日だ。3年前の出来事がついこの間のように思える。この調子だと4年後の五輪開催ま
「虻蜂取らずの懸念」
かつて「全方位外交」という言葉が頻繁に使われた時期があった。1970年代の福田赳夫内閣当時だった。それから40数年、現政権の安倍内閣はどうだろうか。同盟国の米国とは、水も漏らさぬ密接な外交にある。忖度もあっ
「狙い撃ちの台風」
台風がこないメリットとデメリット。中学生が自由研究を前にインターネットの知恵袋さんに相談していた。それぞれ好悪幾つか上げられるが、とりあえずネットからの助けを得て列挙してみる。さてメリットだが、大量の
「何よりも黒字の再稼働」
「原発を動かさなければ赤字になりかねない」。こうした理由から四国電力が12日、伊方原発3号機が再稼働に踏み切った。東京電力福島第一原発事故後に定期検査で止まった2011年4月以来、約5年3カ月ぶりの稼働という。
「いつものその場しのぎ」
東京電力福島第一原発が立地し、今も1万人余りの全住民が避難する大熊町で、11日から初の特例宿泊が始まった。「(旧盆に)一週間ゆっくりできるのでうれしい」と町民の一人は話す。線量計などを受け取って、16日ま
「平和を背負う」
自らも被ばく者だった詩人の峠三吉。旧高商在学時から詩作にいそしみ、被ばくによる病気は峠を生涯苦しめたという。「悪の原爆」の詩作を残し、終戦から8年後の36歳で没した。峠の「原爆詩集」は原爆の惨状を描いた
「寂しいニッポン外交」
少々以前の話だが、「ドイツ人が開発して、アメリカ人が実用化、イギリス人が投資し、日本人が小型化、さらにイタリア人がデザインし、フランス人がブランド化。その先は中国人が海賊版をつくり、韓国人が起源を主張
「石棺か再稼働か」
単に国語能力だけの問題だろうか。東京電力福島第一原発の廃炉に向けた戦略プランで唐突に出た「石棺」の2文字。今から30年前のチェルノブイリ原発事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)を閉じ込めるため採用された
「福島から世界遺産を」
東京・上野公園にある国立西洋美術館が、国内で20件目の世界遺産に登録されることが決まった。上野公園には幾度か足を運んだものの、この美術館は素通りだったような気がする。それでも、中学時代に福島からの修学旅
「長い選挙戦」
今年は全国的に平年より長い梅雨らしい。長いと言えば、今夏の選挙戦もそうだろう。参院選が終わって今度は東京都知事選。都民ではなくとも、何かと話題性があり、参院選よりもむしろ身近に感じる。金銭をめぐって世
「怒髪天を衝く参院選」
争点が今ひとつ解せなかった参院選も、いよいよあすが投票日。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非が主な争点と、何故かマスコミは刷り込みに余念がない。2012(平成24)年の衆院解散のころから言われ始めてき
「覆水盆に返らず」
2度の世界大戦によって荒廃し、没落に瀕した欧州が選んだのは壮大な実験だった。英国の離脱により大きな波紋を残す結果になった欧州連合(EU)。1957(昭和32)年に当初6カ国で設立された欧州経済共同体(EEC)は、そ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト