サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也
コラム・筆は一本也
「心寒い思い」
福島県は県土面積の約7割が山林。東京電力福島第一原発事故から間もなく5年目を迎えるが、山林原野の放射性物質の除染はいまだに手付かずの状態。環境省によると、土壌を削れば放射性物質が流出するというのが理由ら
「甘い利権」
「記憶にありません」「覚えておりません」。政務活動費など詐欺などの罪に問われた号泣県議の野々村・元兵庫県議も初公判で同じような弁明をしていた。政治家の御都合主義は今に始まったことではないが、政治資金規
「あきれた話」
「フクシマ」と言えば、今や世界で知らない人はいないと言われるほどに知れわたった。その名を知らしめた東京電力福島第一原発事故から間もなく5年目となる。避難地域の解除された町村では高齢者の一部がふるさとに
「狭い日本、急いで」
北へ、西へと相次いで開業する新幹線により国内の旅もますます高速化する。至便になるのか、それとも地方は在来線の廃線で不便をきたすようになるのか。すでに旅ものんびり、ゆったりとした気分ではできなくなった。
「続く風評被害」
地方から大都市圏に電力を供給する。それと引き換えに固定資産税、電源交付金などの財源と、何がしかの雇用を期待する。そうした1960年代は原発立地に地域工業化の夢を追った時代でもあった、とよく言われる。東京電
「富裕と貧困」
来春の消費税10%を控えて、世間がかまびすしい。軽減税率の財源をめぐり政権与党の自民・公明との調整もギクシャクしているようだ。増税は賛否両論、とりわけ低所得者からは批判の声が日増しに高まっている。軽減税
「十五の春の試練」
きのうは成人の日だった。5年前の東日本大震災・福島第一原発事故で中学3年生だった少年、少女たちが新成人を迎えた。卒業式の晴れの門出を終えた直後に震災、津波、そして原発事故の悪夢が次々と襲う。計り知れな
「商いの原点とは」
暖冬の影響で全国的に雪の量が少なくなっているらしい。そういえば今から30年ほど前、大雪や路面凍結で仕事が徒労に終わったことを思い出す。取材に出掛けようにも今考えれば命がけだったような気がする。当時は冬タ
「とんだ出番」
初詣がてらに山頂から初日の出を眺め、新たな年を穏やかに迎えた今年のお正月だったが、新年早々からとんでもないニュースが飛び込んできた。隣国・北朝鮮で昨日、水爆実験とみられる核実験が行われたらしい。北朝鮮
「小寒の暖かさ」
地球は自転しながら太陽の周りを公転する。このとき太陽の周りを1周する間に地球は365回自転する。これを基に古代中国では二十四節気(にじゅうしせっき)が考案された。夏至、冬至の「二至」と秋分、春分の「二分」
「年越しそばと年明けうどん」
ヨーグルトと言えば、ブルガリアの長寿村の食べ物として知られる。ブルガリアのスモリアン地方では、100歳以上の長寿者が人口100万人あたり300人以上がいて、これは日本の約100倍にあたる多さだと言う(「ヨーグルト
「三猿と申年」
東日本大震災・東京電力福島第一原発事故から5年目となる2016年が幕を開けた。その今年の干支(えと)は丙申(ひのえさる)。1956年に次ぐ戦後2度目の丙申で、丙は「かまどの火の燃えるさま」という意味があるらしい
「平和と激動の時代」
他国の戦争に参戦が可能になる安保関連法案、善かれ悪しかれ米国とは運命共同体となるTPP(環太平洋経済連携協定)、それにSTAP細胞を巡る問題で明るみに出た理研の闇や、東京五輪エンブレム問題などで揺れ動いた未
「義理賀状なのか」
年賀はがきを出す人、さらにその出す人でも年々利用枚数が減っているという。発行枚数は2003年の44億5936万枚をピークに年ごとに減り続けている傾向にあり、今年は30億2285万枚。およそピーク時から14億万枚以上減少
「経済優先と貧困」
楽しくも喧騒でもあったハロウィンが終わったかと思えば、今度はメリー・クリスマス。クリスマスや新年が近づくと、繁華街や駅周辺には1カ月も2カ月も前から豪華イルミネーションが灯り、冬の夜を演出する。消費電力
「一陽来復を待つ」
きょうは冬至。一年で昼が最も短く夜が長い日だが、何故かこの日を境にこれからは昼が長くなってくると思うと、自然と心もウキウキしてくるような気がする。しかし、「冬至冬なか冬はじめ」と言われるように二十四節
「自然のしっぺ返し」
暖冬異変の続く中、福島・山形県境にある吾妻小富士(標高1,707㍍)にも異変が起きている。この時季だと、山頂から裾にかけて雪化粧しているのがいつもの景色だが、例年に比べると積雪量が少ないせいか、今年はほん
「クマにクマった」
木の葉が落ちる様子を「落葉時雨」と言うらしい。そういった風流さとは打って変わって、幹と枝だけが残る里山の木々を見やればとても寒々しい初冬の光景だ。大雪から間もなく冬至、そして寒さが一段と厳しくなる小寒
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト