サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也
コラム・筆は一本也
「いつかきた道」
春の黄金週間・ゴールデンウィークと言えばほとんどの人が知るところだが、シルバーウィークとなると意外と知らない人が多いのではないだろうか。そのシルバーウィークが始まった。官公庁や週休2日制の企業にとって
「やるせぬ思い」
「どうして、また…。4年前の震災を思い出してしまった」。被災者にとってはまたも津波被害に遭ったような今回の豪雨被害。宮城県の女性はテレビのインタビューでこのように話していた。台風と秋雨前線がもた
「平和な日本晴れ」
夏休み明けごろから続く秋雨。拙宅の前にあるため池では、数日前から大雨による氾濫を防ぐため水が抜かれていた。それにしても記録的な豪雨は関東、東北地方にかけて大きな被害をもたらした。過日の新聞に、物理学者
「男芸者の業」
きょうは「白露」。この間までの猛暑、残暑が噓のように朝夕に涼風を運んできてくれる。同じ涼しさでもこちらは無風。それも冷え冷えするほどに冷気が漂う。無風とは読んで字の如し、風がまったく無いこと。さしずめ
「白秋の誘い」
「時に残月、光冷ややかに、白露は地に滋(しげ)く…」。中島敦の有名な「山月記」の一節だ。唐の時代に、すべてを投げ打って名高い詩人になろうとしたものの、そうなれずに虎になってしまったという男の話で
「帰還への複雑な思い」
新たな物事に興味が移り変わるのは人の性(さが)だろう。4年半が過ぎようとしている東京電力福島第1原発の爆発事故も日を追うごとに風化が進み、もはや国民の最大の関心事は安全保障関連法案の行方か、東京五輪開催
「難民に思えば」
東日本大震災から間もなく4年半になる。その被災地には地震、津波で家族や家を失った人たちの姿があった。「避難所で肩を寄せ合っている親子を見た時、内戦を逃れて、3人の子どもたちと難民キャンプにいた時の自分と
「こんな日本に誰がした」
技術を学ぶコツは何だろうかと考えた時期があった。駆け出し記者として新聞社に勤めていた当時、紙面製作や記事の見出しで悩み、先輩記者から幾つか教わったことを思い出す。大方の先輩からは「人の技を盗め」とも教
「秋に早変わり」
このところ東日本から西日本にかけて、まるで梅雨入りしたような雨の日が続いている。秋の初めに降り続く雨を秋の長雨、秋雨(あきさめ)、あるいは秋霖(しゅうりん)とも呼ぶ。前線や上空の寒気の影響もあるが、処
「話すことの倍聞く」
人の欠点はよく目につくものだが、こうも欠点がはっきりし、目につく人もなかなかいないだろう。女性の社会進出や地位向上を政権の重要課題に掲げる一方、片方では女性議員にヤジを飛ばすなど女性軽視とも受け取られ
「頭を抱える漢字」
「月下氷人」の読みと意味を答えよ。就職試験などによく出題される問題だが、読みは「げっかひょうじん」。さて、意味となると少々戸惑ってしまう。ひと昔前の話だが、ある会社の入社試験で名回答ならぬ、迷回答があ
「予測できぬ地震」
「天災は忘れたころにやってくる」の警句を残したのは、物理学者で随筆家、俳人でもあった寺田寅彦。関東大震災の調査や理化学研究所研究員、東京帝大地震研究所所員としての研究を重ねた一方、夏目漱石の「吾輩は猫
「恩讐を越えられぬ戦い」
明治維新で日本は大きく変わった。武家社会の終わりを告げた歴史の中で埋もれ、汚名を着せられ犠牲となった人も数知れない。147年前の1868(明治元)年の旧暦のきょう、戊辰戦争により会津藩・白虎隊の隊士が飯盛山で
「実るほど頭を垂れる」
あすは暑さが収まる候とされる処暑。二十四節気の一つ処暑は8月23日ごろから15日間を指すが、台風の特異日にもなっている。特異日とは特定の気象現象が起こりやすい日のことだが、その例え通り日本列島には台風15号
「一大決心も教養」
月遅れのお盆も過ぎ、このところあたりはめっきり涼しくなった。猛暑の夏から今度は一気に秋の気配へと向かうのだろうか。今夏も猛暑続きだった福島市だが、それでも盆地特有のうだるような暑さは影を潜めた。週末は
「異様な夏」
社会派映画監督として知られた故山本薩夫さんは、反体制的な題材を扱いながらも娯楽色豊かに仕上げる手腕に定評があったと言われる。長編記録映画「ベトナム」のほか、「戦争と人間(三部作)」、医学界と金融界の内
「戸惑う休み」
子どものころ、夏休みに田舎の親戚宅に泊まると苦手なこと、嫌なことが幾つかあった。中でも食事には馴染めなかった。みそ汁におかずは菜類ばかり。子ども心にも不平不満を募らせたが、それでもこちらは居候の身とあ
「あかね雲と平和」
520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機の墜落事故からきょうで30年になった。羽田発・伊丹着の便が群馬県御巣鷹山に墜落し、生存者は女性4人だった。御巣鷹山には犠牲者の家族や関係者だけでなく、一般の人たちの慰霊
5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト