サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也
コラム・筆は一本也
「戦火の危機」
いきなりお金の話で恐縮だが、今朝の朝日新聞のデジタルニュースによると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長らが使う「革命資金」と呼ばれるお金が、スイスや香港、中東諸国などの金融機関の偽名
「イヌのストレス」
毎朝、近くの公園をウオーキングしていると、飼い主に連れられた犬とよくすれ違う。犬好きで以前に小型犬を飼っていたせいか、ついつい目を細めてしまう。向こうも犬好きを察知してか、こちらとしても滅多に吠えられ
「もう一つの戦い」
秋涼の9月を迎えた。長雨もあり、ひときわ実感の乏しいこの夏だったが、ともかく夏は過ぎゆくといったところだろうか。きのうは「防災の日」だった。今から94年前の1923(大正12)年9月1日、関東大震災が発生した。7
「始めるのは簡単な戦争」
「隣国の北朝鮮がミサイルを発射したことに驚かなかった日本人。その日本人に世界が驚いた」。平和ボケしているとよく言われた日本人に対するブラックジョークだ。もう20年近く前になるが、元防衛庁の関係者が講演し
「ブームのかげで」
田舎暮らしや古き良き時代のライフスタイルを満喫する古民家ブームが全国的な広がりを見せているようだ。空き家となっている古民家を再生し、そこ土地に移住する。こうしたブームを反映してか、家族だけでなく、なか
「表紙より中身」
「本の表紙を変えても、中身を変えなければ駄目だ」。総理のイスを固辞した福島県会津若松市出身の政治家で外務大臣、内閣総理大臣臨時代理・副総理などを務めた故伊東正義氏が放った言葉だ。片やこの気風とは違い、
「あくなき持続可能な開発目標」
「ペンパイナッポーアッポーペン」のヒットで知られるシンガー・ソングライターのピコ太郎さんが、ノリの効いた調子で今度は「エス ディー ジーズ」「サスティナブル デベロップメント ゴールズ」…。国連本部
「期待に膨らんだニッポン」
超高齢社会が急速に進む日本は、世界中どこの国も経験したことのない老人社会を迎えるという。40数年後の2060年には2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上になるらしい。1人の高齢者を1.3人の現役世代が支える比
「沿岸被災地の燭光」
先日、宮城県石巻市の知人から三陸石巻産の焼き牡蠣(カキ)と炙り帆立(あぶりホタテ)が届いた。常温保存された真空パックの海の幸だが、カキはご飯にのせ、ホタテは酒のつまみにいただいた。この春、息子と一緒に
「物言えば唇寒し」
国会やメディアをにぎわした森友学園、そして今や加計学園。森(もり)から加計(かけ)、次は「ざる学園」かと、あるブロガーがこの問題の報道を皮肉っていた。ともかく、そばの例えはなかなか軽妙洒脱だ。一連の問
「警察日記」に泥を塗る
福島県の会津磐梯山麓の小さな町を舞台に、警察官とその町に暮らす人々の人情を描いた映画「警察日記」(モノクロ、111分、監督・久松静児)は、戦後から10年が経った1955年(昭和30)年に公開された。名優・森繁久
「6年の節目」
福島県いわき市の木村孝夫さんは、2011年の東日本大震災・福島原発事故以来、震災詩を書き続けている。その中の「フレコンバッグ」という作。「この町は 線引きから解除され 帰還に向けた準備を急いでいる うわもの
「経済成長はイノベーションが鍵」
昭和を懐かしむ人が増えているようなが気がする。活気あった戦後の高度成長期の街並み、戦後日本で電化製品の「三種の神器」と言われた生活必需品の白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫や三輪自動車、ブリキおもちゃ…
「ファースト主義」
米大統領選後初の記者会見に臨んだトランプ次期大統領だが、再び鬣(たてがみ)の猛々しいライオンに戻ったようだ。気に入らなければ相手を口汚く罵る。居丈高な姿勢は選挙中となんら変わっていないようだ。ともかく
「薮入りとB企業」
日本の伝統行事として今も息づいている旧暦の生活行事だが、新年の七草粥(がゆ)も終わり、今度は小正月(15日)がやってくる。新たな年の初満月で小豆粥を食して祝う風習も脈々と受け継がれている。とりわけ年末年
「いま優先すべきは」
一年足らずの政権だった2006〜07年の第1次安倍内閣を除けば、第2〜3次と続く安倍内閣は一転、長期政権の様相だ。その第2次安倍内閣が誕生してから12月26日で4年になった。日数にして安倍内閣総理大臣の在職は1460日
「呆れた廃炉負担」
福島県沖を震源に11月22日に起きたマグニチュード7.4の地震。忘れもしない6年前の「3.11」が脳裏をよぎった。その東日本大震災では死者15,894人、行方不明者は2,562人(2016年2月10日現在、警察庁まとめ)。残され
「フィルムカメラの頃」
わが家の大学生の二男が近ごろカメラに興味を持ち始め、やむなく愛機をあげてしまった。今はもう使っていないフィルムのスチールカメラだ。仕事柄、ニコン党だった私はフィルムカメラは最初は「FE」から使い始め、「
9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。バラの季節を迎え、特価でのバケツ売りの特売日もあり。ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した(株)アルバTOWA(旧東和ユニフォーム・本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開

おすすめサイト