サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなのニュース
みんなのニュース
障がいを乗り越え、初の詩集「大好きなママへ」を出版 筆談の詩人神原さん raraさんが挿絵で支援
福島県出身のアーティスト「rara」さんが挿絵を手掛けた、詩人神原康弥(かんばら・こうや)さん初めての詩集本「大すきなママへ」が近く出版される。 筆談の詩人と言われる神原さん詩集について、raraさんはその魅力
漢字を通し神社の歴史学ぶ 福島大と立命館大のプロジェクト・安積歴史塾 
福島大学と立命館大学のプロジェクト・漢字あそび大会2014の「安積歴史塾」は10月11日、郡山市の安積国造神社で開いた。 「漢字で元気に」をテーマにした第4弾。 多くの人が共通で話題にできる漢字は、折からのブ
須賀川でうまいもん合戦 グランプリは厚焼きタマゴ
須賀川市内の料理人が腕をふるう自慢料理の競演「すかがわ食彩 地産地消 第4回うまいもん合戦」が9月28日、同市中町のまちなかプラザ、旧総合福祉センター跡で開かれ、すかがわグルメ王座決定戦「S―1グランプリ」
福島県産の農水産物や6次化商品をPR 食の相談会「フードフェア」 
福島県産農林水産物と地域産業6次化商品の販路開拓やPRを目的にした、食の相談会「ふくしまフードフェア」が9月18日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれ、生産者と全国の企業のバイヤーらが商談などを通して交
温もりのある絵手紙「ありがとう展」7日まで郡山ビッグアイ
温もりのある手作りの絵手紙を展示した、うつくしま絵手紙の会(安達アツ子会長)の「ありがとう展」が、9月4日から郡山市駅前のビックアイで始まった。7日まで。入場無料。 「震災・原発事故から3年半が過ぎ、あら
福島でサークル写団「北斗」が写真展 氷雪をテーマに力作 
福島市など県北地区の写真愛好家でつくるサークル写団「北斗」(徳江昇代表)の作品展が、9月1日から同市曾根田町のA・O・Z(アオウゼ)MAXふくしまで開かれている。ふるさとの冬の彩りを撮影した力作50点が来場
ジュピアランドひらたで夏のウオーターバトル
平田村商工会青年部主催の「ジュピアランドサマーフェスタ」は8月15日、同村のジュピアランドひらたで開かれ、夏休み中の多くの人でにぎわった。 イベントの目玉、ジュピアランドウオーターバトルを始め、クラウン
「風の高原」布引山を満喫 観光客でにぎわう
風力発電の塔が立ち並ぶ郡山市湖南町の布引高原。24日は夏休みの最後の日曜を楽しむ多くの観光客が訪れていた。 「風の高原」とも呼ばれ、ダイコンの有数産地として知られる布引高原は、磐梯山や猪苗代湖が一望でき
もとみやJCOB会で高松市長が市政報告
一般社団法人もとみや青年会議所OB会(JC、佐藤仁会長)は7月12日、市政報告会を兼ねた納涼会を本宮市のホテル・フォーシーズで開き、同JCOBでもある高松義行本宮市長が震災・原発事故以降3年間余にわたる市政に
福島再生へ向けた除染・廃炉処理技術紹介 再エネと環境共生研究会 
郡山地域テクノポリス推進機構、日本大学工学部工学研究所主催の第1回再生可能エネルギー・環境共生推進研究会が7月10日、郡山市の日本大工学部であった。 東日本大震災、福島第一原発事故で多大な被害を受けた福島
郡山市に医大新設を MBA21が渡辺氏を招き講演・鼎談
 福島県郡山市に医科大学を新設する活動を展開している、同市の脳神経疾患研究所附属・総合南東北病院の渡辺一夫理事長を講師に招いた講演と鼎談が6月26日、同市であった。医大誘致活動と連携している郡山市異業種
オープンマインドで新時代への前進誓う 昌平黌で伝統の孔子祭
いわき市の東日本国際大、いわき短大などを運営する学校法人昌平黌は6月20日、第26回孔子祭を同校で開き、温故知新の精神で新たな時代への前進を誓った。 孔子祭は大成殿で執り行われ、神事に続いて祭主の緑川浩司
困難に立ち向かう人間学 東日大の緑川理事長が初の著書「人間力をはぐくむ」
福島県いわき市の東日本国際大学などを運営する学校法人・昌平黌の緑川浩司理事長はこのほど、初の著書「人間力をはぐくむ〜東日本国際大学 いわき短期大学の実践」を発刊した。 発刊の直接的なバッグボーンとなっ
サムライブルーの白河だるま W杯の日本代表応援
白河市の佐川だるま製造所は、サッカーのワールドカップ日本代表のユニホーム「サムライブルー」にあわせた応援ダルマをつくり、人気を集めている。 白や赤のダルマにユニホームのブルーを入れ、国旗の日の丸や選手
「人生成功20年論」 幸楽苑社長の新井田さんが語る
日本大学工学部(郡山市)の本年度第3回教養講座は5月15日、ラーメンチェーン店幸楽苑社長の新井田傳(つたえ)さん(70)を講師に招いて同学部で開いた。 「人生成功20年論」〜小が大になるには〜と題し、新井田さ
低線量放射線の健康への影響と食の重要性学ぶ 郡山でママさんらを対象にしたセミナー
原発事故に遭った福島県民に放射線リスクや免疫などを身につけてもらうための、福島のママさんたちへおくる「放射能と健康セミナー」が5月24日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれた。未来都市・郡山を創る会
埼玉のボランティアがすしで被災者支援 震災後から続く善意の定期便
埼玉県のすし炊き出しの会と大宮中央ライオンズクラブ、大宮グリーンライオンズクラブの3団体は5月19日、福島県いわき市に避難する人たちに300食分のすしを振る舞った。 避難生活の人たちにおいしいすしを食べても
阿辻さん講師に漢字同好会が10周年記念講座
福島県漢字同好会(八重樫一会長)は5月11日、創立10周年記念講座を郡山市のビッグアイで開いた。講師は京都大人間・環境学研究科教授の阿辻哲司さん。     阿辻さんは「漢字は表意文字で新しい組み合わせの造
4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト