サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 楽しむ > その他 > いわき市立美術館

いわき市立美術館

住所 〒970-8026
いわき市平字堂根町4-4
TEL 0246-25-1111
FAX 0246-25-1115
営業時間 午前9時30分から午後5時(展示室への入場は閉館30分前まで。7月、8月の毎週金曜日は夜8時まで開館)
定休日 毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館し翌日休館)
年末年始(12月28日から1月4日)
 いわき市立美術館は、1984年にJRいわき駅から徒歩12分の市街地に開館しました。
 コレクションは、国内外の現代美術と地域ゆかりの美術に特色があり、常設展で展示替えをしながら紹介しています。
 企画展では、通常、4月から12月にかけて、古今東西のさまざまな美術を紹介し、また、1月から3月までは、市民の方が出品できる「小・中学生版画展 」や「市民美術展覧会」も開催しています。
 展覧会のほかに、ギャラリー・トーク、講演会、美術講座、実技講座、ワークショップ、コンサート、パフォーマンス、映像鑑賞会なども実施しています。
  •  

  • 実技講習室

  • 図書室

  • レストラン「あじさい」

  • いわき市立美術館ニュース「THE GALLERY」

お知らせ

【利用案内】

■常設展 観覧料
一般 210円(160円)
高校・高専・大学生 140円(110円)
小・中学生 70円(50円)
(注)(  )内は20人以上の団体割引料金
  祝日は常設展観覧無料となります。

■企画展 観覧料
企画展の観覧料はその都度定めます。
企画展のチケットで常設展もご覧になれます。

■企画展・常設展が無料になる場合
1 いわき市在住の65歳以上の方
2 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳のいずれかをお持ちの方
3 市内の小・中・高・専修・高専生(ただし、土曜日と日曜日のみ)
(注)身分を証明する手帳等をご提示下さい。

施設案内

■常設展示室
常設展では、いわき市立美術館の所蔵品を紹介しています。1年を前期と後期で分けた大きな展示替えと、3ヶ月ごとの部分展示替えを行っています。
常設展のギャラリー・トークは、 毎週土曜日午後2時から開かれています。
(都合により時間変更する場合があります。)

■企画展示室
古今東西美術や市民の方の作品など、さまざまな作品を展示、紹介しています。

■図書室
6000冊以上の現代美術関係画集・美術参考図書・美術雑誌を、図書室内で閲覧できます。お気軽にどうぞご利用ください。

■実技講習室
何かを「つくりたい」「つくってみたい」という市民のために開かれているスペースです。
どんなことでもご相談下さい。利用は無料です。
また、施設・備品の利用だけでなく、制作相談、各地域のサークル・指導者の紹介等も行っています。

■映像視聴コーナー
さまざまな映像作品や美術に関連した映像資料を、ご希望により無料で視聴することができます。

■レストラン「あじさい」
【食事】
天ぷら定食、ロースかつ定食、豚なんばん定食、親子丼、天丼、カツ丼、うな玉丼、海老天そば・うどん、かき揚げそば・うどん、カツサンド等
【ドリンク、デザート】
コーヒー、紅茶、抹茶、オレンジジュースなど
ショートケーキ、あんみつ、バニラアイスなど

コレクション

 作品収集については、同時代性を持つ戦後の良質な美術作品を収集の対象とするという基本方針を掲げています。
 そしていわきの美術、日本の戦後美術、世界の戦後美術という3点を収蔵の柱とし、これまでに1900点を越える作品を収蔵するに至っています。
 所蔵品は常設展示室で展示替えをしながら紹介しています。

■主な収蔵作家
【国外】
パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、アンディ・ウォーホル、ジェームズ・ローゼンクイスト、ロイ・リクテンスタイン、アレックス・カッツ、ロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズ、トム・ウェッセルマン、ロベルト・マッタ、ピエール・アレシンスキー、カレル・アペル、ホルスト・アンテス、フリーデンスライヒ・フンデルトワッサー、ルーチョ・フォンタナ、エンリコ・カステッラーニ、イヴ・クライン、アルマン、サイ・トゥオンブリー、ヘレン・フランケンサーラー、モーリス・ルイス、フランク・ステラ、ヨゼフ・ボイス、アンゼルム・キーファー、アントニー・ゴームリー、デイヴィッド・ナッシュ、李禹煥
【国内】
井上長三郎、今井俊満、桂ゆき、河口龍夫、川俣正、菊畑茂久馬、小林正人、斎藤義重、白髪一雄、鈴木新夫、高松次郎、田口安男、辰野登恵子、田淵安一、中西夏之、中村一美、難波田龍起、元永定正、森村泰昌、山口長男、吉原治良、若松光一郎、池田満寿夫、駒井哲、長谷川潔、浜口陽三、浜田知明、伊藤公象、遠藤利克、川島清、木内克、草間彌生、工藤哲巳、小清水漸、佐藤忠良、篠原有司男、土谷武、戸谷成雄、長沢英俊、三木富雄、宮島達男、最上壽之、山口勝弘、柳原義達、吉澤美香、若林奮

アクセスマップ

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト