サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 四字熟語・故事成語一覧 > No.2608【人日節句】ジンジツのセック
今日の四字熟語・故事成語

今日の四字熟語・故事成語

No.2608【人日節句】ジンジツのセック
1月7日は、人日(ジンジツ)と言いまして、五節句の一つです。
古代中国では、
正月の1日を鶏の日
   2日を狗(犬)の日、
   3日を猪(豚)の日、
   4日を羊の日、
   5日を牛の日、
   6日を馬の日とし、
それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていたそうです。

そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていました。

またその日には、邪気を払って無病息災を願い、七種類の野菜が入った吸い物を食べる風習がありました。

日本では、年の初めに若菜を摘んで、新しい生命力を戴く「若菜摘み」という習慣がありました。

平安時代に中国から吸い物を食べる習慣が伝えられ、日本の「若菜摘み」の習慣と相まって、1月7日に七種類の若菜を入れたお粥を食べる「七草粥」が広まりました。

その時の七草は諸説ありますが、米・粟(あわ)・黍(きび)・稗(ひえ)・蓑米(みのごめ)・胡麻(ごま)・小豆(あずき)だったようです。

その後「春の七草」として、芹(せり)・薺(なずな:ペンペン草)・御形(ゴギョウ:母子草)・蘩蔞(はこべら:はこべ)・仏の座(ほとけのざ:田平子)・菘(すずな:かぶ)・蘿蔔(すずしろ:大根)となりまして、1月7日の朝 七草の入った粥を食べるようになりました。

誰が作ったかは不明ですが「春の七草」を読み込んだ短歌があります、

  芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種(ななくさ)

八重樫 一 (やえがし・はじめ)

『今週の名言』と『今日の四字熟語・故事成語』を担当させて頂くにあたりまして


【プロフィルと自己紹介】
・1943年3月1日生まれ、北海道大学工学部卒業
・2001年に漢字検定1級合格。以来、
・2014年の検定まで30回合格
・2014年 漢字教育士 資格取得。
 白川静記念/東洋文字文化研究所:認定
・福島県漢字同好会会長
・NHK文化センター郡山教室「知ってなっとく漢字塾」講師
・福島中央テレビ/ゴジてれChuの「知ってイイ漢字」出演中
・女性のための生活情報紙「リビング郡山」の
「か・ん・じ(漢字)」コラム連載中
・趣味は、中国古典(論語、史記、諸子百家など)、写真、俳句、純米酒

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト