サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなの経済・企業 > 海を渡る福島ブランド 向山製作所の「生キャラメル」 パリのスイーツの祭典に初出品 
みんなの経済・企業

海を渡る福島ブランド 向山製作所の「生キャラメル」 パリのスイーツの祭典に初出品 

生キャラメルを製造販売する電子部品会社として知られる向山製作所(福島県大玉村・織田金也社長)は今秋、スイーツの本場フランス・パリで開かれる菓子の祭典「サロン・デュ・ショコラ2012」に同社のブランド、生キャラメルを初出品する。フクシマの食品業界が苦心を強いられている中、同社は世界市場へ向けて果敢にチャレンジ。「向山製作所の生キャラメル」が海を渡り、世界への扉を開こうとしている。
 サロン・デュ・ショコラは、1995年から始まった世界最大のチョコレートの祭典。98年にニューヨーク、2002年には東京でも開催されるようになった。絶大な人気を背景に、本場パリでは会場を最大級規模のポルト・ド・ヴェルサイユ見本市に移し、入場者10万人を超える規模の祭典に育て上げた。グルメ好きなパリっ子をはじめ、世界各国からスイーツファンが押し掛ける一大イベントに成長。今年、パリで開催する「サロン・デュ・ショコラ」は、10月31日~11月4日まで。
 生キャラメルを出品する向山製作所は、福島県のほぼ中央、大玉村大山の農村地帯にあり、1990年に操業。高い技術の電子部品製造で実績を上げてきたが、経済のバブル崩壊、さらにリーマンショックで会社経営は厳しい状況に置かれた。このため、織田社長らが「自らが誇れる製品」を目指し、2008年にフード事業部を設立。翌年には郡山市中町の中心市街地に「郡山表参道カフェ」をオープン。洗練されたまろやかな味が評判を呼び、大手航空会社の国際線の機内食にまで採用されるようになった。
 ところが、昨年3月の東日本大震災、続く原発事故で状況は一変。順調だった「生キャラメル」の販路が一転して逆風にさらされた。風評被害も加わり、販売は一時中止せざるを得なくなる事態に陥った。
 そうした中、原材料を北海道など全国から調達することで難局を切り抜け、販売を再開。大手百貨店の松屋、三越、伊勢丹などへの出店も相次ぐようになった。同社の生キャラメルは10月3~9日にかけて三越の日本橋本店、同23、24の両日、東京ビックサイト・フードセレクションでも販売される。
 地元郡山市での販売も増え、今年の売り上げは好調な伸びを示している。中心市街地の活性化に寄与しようという同社の企業努力もあり、郡山市の旗艦店売り上げはグンと向上。トマトケチャップやジンジャーエールなど、そのほとんどを手作りで賄う表参道カフェも人気メニューなどで業績を伸ばしている。
 ハイブランド化を進めようとした矢先の今回のパリ出展。フランス人のパティシエからは「君たちの作ったお菓子はとてもおいしい。パリでも大丈夫。フランスにも似た食感のお菓子はあるが、“生”を売りにしたキャラメルはない」と太鼓判を押され、栄誉あるサロン・デゥ・ショコラからの出展オファーを受けた。
 世界の名だたる菓子祭典への出展で喜びに沸く向山製作所だが、織田社長や社員たちは「世界のパリで名に恥じないスイーツを出品したい」と意気込み、開催を約一カ月後に控えてフランス語の勉強や商品輸出など山積みの仕事に大忙しの毎日だ。
  




 【写真:(左上から右下へ)工場で製品を手に取る織田社長、生キャラメル、3種類のプリン、おしゃれな店内、パリの雰囲気を漂わせるカフェ(昼と夜)】

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト