サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 復興への思い > 「日本は議論を歓迎する社会づくりを」 外国語スクール園長 ジーナ・カレン・シーファー
復興への思い

「日本は議論を歓迎する社会づくりを」 外国語スクール園長 ジーナ・カレン・シーファー

外国語スクール園長 ジーナ・カレン・シーファー

 【略歴】米ウィスコンシン州ライスレイク市出身。1958年生まれ。オークレア大学、ジョージワシントン大学卒、同大学院修了。国際交流の橋渡しや同時通訳者として活躍し、ライスレイク市と三春町、チェコ・ジャンベルク市の姉妹都市関係樹立に尽力。これまで5度の国際賞を受賞。現在、アゴラ郡山校園長
■外国語スクール園長 ジーナ・カレン・シーファー あの「3・11」からこの一年は、もう悪夢としか言いようのない連続でした。朝、目が覚めると、「あれは夢だった?」とわずかな期待を持つが、「夢じゃなかった」と思うたびに絶望感に襲われます。
 
 私は26歳の時、田村郡三春町に招かれて来日、英語の学習指導にあたってきました。生まれ故郷はアメリカのライスレイク市にあります。市の中心部から離れた農村部に私の家はありました。ドイツ語やフランス語、スペイン語などを学びましたが、全く違う言語である日本語に興味を持ち、大学生の時に半年間、関西の大学に留学した経験があります。そのこともあって、三春町に派遣される先生として選ばれました。
 こうしたことがご縁となり、三春町はライスレイク市と姉妹都市になりました。この話はもともと母が切り出したことがきっかけで、実現しました。故郷を離れる際、母から「良い町だったら姉妹都市として友好を結ぶのはどう?」とアイデアを持ちかけられていたのです。三春町でも提携に向けて話が進みましたが、ライスレイク市の決定の速さに比べたら遅いものでした。ライスレイク市では母が、直接議会に話を持っていき可決された、という実にシンプルなものでした。一ヵ月もかからなかったのを覚えています。このことを友人に話すと、「お母さんの職業は?」と聞かれたりしますが、ごく普通の農家の女性です。「自分の考えに信念を持ち、理解を得るために行動する」という私たちにとっては当たり前のことを、母もしていたに過ぎません。
 
 日本に初めて来てから30年ほどたち、日本の慣習といったものを少し理解はできるようになりました。しかし、正直言って、縦割りでありすぎる日本人のものごとの進め方や対応の仕方には、賛成できません。子育ても日本で経験して、日本の学校に子どもを通わせました。その間に学校や先生の対応、子ども同士の付き合いなどをよく見てきたつもりですが、驚くことがたくさんあり、そのたびに友人に相談したり、助けを求めたりもしました。でも、決まって「そんなもんだよ」とか、「どうせ変わんないから」とかの返事しかもらえませんでした。そんな日本人の態度に戸惑いながらも、主張することをどうしてしないのか不思議でたまりませんでした。歴史や文化の違いによるものだということもわかってはいましたが、自分のことはまず、自分で発言していかなければ守れないのです。
 
 悲しいきっかけではありますが、東日本大震災、原発事故による放射能被害などによって日本人も変わっていっていることに気づきます。大変なことになっているのに、信じられないくらいみんな笑顔で頑張っていると思います。すごいな、偉いなと思いますが、時々「もう少し叫べば」「もっと文句をいえばいいのに」と思う時もありました。それでも、多くの人たちが発言し、議論をし始めたと思います。行政に頼らず、自分たちでやり始めたことは社会に良い影響をもたらすと思います。もう一つ、広域のボランティアをするようになったことです。これも、歓迎すべきことだと思っています。この兆しをしっかりとらえて、議論することを歓迎する社会をつくっていってほしいと思います。
 
 私は、福島県が大好きです。海も山も近くにあり素晴らしい景色で、空港からもちょうど良いくらいの距離にあります。果物も野菜も海の幸も豊かです。何を食べてもおいしいものばかりです。そして、みんな親切にしてくれます。この大好きな福島のためにできることは、やっぱり英語教育です。英語を教えることにより、将来世界のみんなに福島がどんなにすばらしいところか福島でどんなことがあったのかを表現できる子どもを、育てあげたいとも思っています。外人の先生が少なくなってネイティブな英語で接する人材が不足していますが、福島県から直接、世界に発信できるお手伝いをしたいと思っています。
 
  今は子どもたちの笑顔に囲まれ、ほかの外国人がどうであっても、この子たちや大切な友人のためにこれからもここに住み続けようと決めています。

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。バラの季節を迎え、特価でのバケツ売りの特売日もあり。ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した東和ユニフォーム(本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開
熟成とんかつまる兵衛郡山コスモス通り店 お買い得弁当
外食事業などを展開するマルベリィのコスモス通り沿い(郡山市谷地本町)とんかつ専門店は4月限定で弁当を販売。200円引きのお買い得となっている。当店は温度や湿度を管理して熟成させた「特別熟成肉」が好評。「特別熟成ロースカツ定食150g」1180円。

おすすめサイト