サイト内を検索 WWWを検索
HOME > ポーランド・ナウ > マルさん(通訳業)リポート       №7     
ポーランド・ナウ

マルさん(通訳業)リポート       №7     

  2月の半分ぐらいは楽しい期間ですが、あと半分は断食の時期に入っています。半分半分と書きましたが、毎年少しぐらい違います。難しい話で、ポーランド人でもはっきりわかりません。月の動き方によることです。
  その楽しい期間というのは、カーニバルで、東方の三博士の日に始まりまして(それが決まっていて、1月6日で、ポーランドは祭日になっています)、「灰の水曜日」までになります。カーニバル中、沢山の人が色々な舞踏会やパーティーに参加して、遊びます。ポーランド人は踊るのが好きなので、いっぱい踊ります。お洒落して、ピカピカの服を着る人が多いです。子ども用のカーニバル・パーティーもあります。特に各幼稚園と小学校(4年生までのクラス)では毎年行われます。子どもは面白い服を着て、昔話に出てくるものの格好をします。人物だけではなくて例えば、動物や植物などのかたちのものです。若者も自分用のパーティーをつくって遊びます。そして、みんなが一人の家で集まって、食べたり踊ったりします。                                
  カーニバル時期が終わる一週間前、「脂の木曜日」という移動祝日があります。ポーランド人が待ちきれない日です。理由は、あるものを食べることだからです。「あるもの」はポーランド風のドーナツとポーランドの伝統的なクッキーのことです。ドーナツはポーランド語で「ポンチェク」といい、元々は中味が薔薇(ばら)のジャムでした。今の時代は色々な味のジャムやクリームを入れたりしています。白いチーズ(カッテージチーズの一種)を適当に甘くして入れる人もいます。ですから最近は、薔薇のジャムが入っているドーナツはどこででも売っているというわけではありません。それから、伝統的なクッキーですが、「ファヴォルキ」、または「フルスト」といいます。とても好かれていまして、「脂の木曜日」ですと、数キロでも買って食べます。ドーナツもそうで、一人で数個食べるのです。「一個だけでも食べないと、幸せになれない」と言われています。まぁ、カーニバルの最後の時期ですから、いっぱい食べておかないと、断食に入ったら、食べられませんので…。勿論、自分で作ってもいいです。ファヴォルキは、普通は細長いものです。しかし、ファヴォルキの生地で薔薇の形のクッキーも作ります。出来上がってから、上の真ん中には、何かのジャムをつけます。とても可愛いですよ。
  油っぽいものをいっぱい食べて、一週間後、「灰の水曜日」という行事がきます。真面目な日で、四旬節の初日です。四旬節は、復活祭の46日前(四旬とは40日のことですが、日曜日を除いて40日を数えるので46日前からとなります)の水曜日から復活祭の前日(聖土曜日)までの期間のことです。大斎(おおものいみ)が始まるという意味です。「大断食」とポーランド人はいいます。そのときは、美味しいものを食べてはいけませんし、踊るのも禁止で、贖罪(しょくざい)をしないといけないのです。クリストの復活のためには、心や魂の準備をしておかないといけませんから。昔は、本当に厳しい断食になっていました。40日間中、パン、水、簡単なものしか食べなかったです。そのためには、沢山の人が亡くなったりしました。20世紀入ってから、断食時期の規則を守る人が少しずつ少なくなってきました。ですから、今は、普通のように食べます。ただし、金曜日は肉を食べないほうがいいとされています。そして、踊ることは駄目ですから、結婚式はしません(ポーランドの披露宴は必ず朝まで踊ります)。「灰の水曜日」は平日ですが、教会の中では、立派なミサが行われます。そのミサ中、神父は信者の頭の上に、「灰からできて、灰になると覚えておいて下さい」と言いながら、灰をまきます。人間がやることを考えて、反省して、贖罪をしますようにということです。灰は、前年の「枝の主日」(聖週間の初日となる主日、すなわち復活祭の1週間前)に使用された棕櫚(しゅろ)の枝と呼ばれるのを燃やした灰です。ポーランドには椰子(やし)はないので、呼び方だけで、「枝」は違う材料で作られます。そのお話はあとで致しましょう。
 今回はちょっと複雑な話でしたかもしれません。本当をいうと、私もそんなに詳しくないです。ポーランド人なのに。ポーランドの習慣をご紹介するため、時々難しいことも書かないといけません。済みませんね。これからもよろしくお願い致します。
 
 
 

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
乾杯ドリンクのサービス
郡山駅前(アーケード)のダイニング&バー「えん」は、ドリンク一杯をサービス。アサヒビール「エクストラコール」もしくはニッカのフリージングハイボール。日曜から木曜まで。☎︎024-926-5962
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
5泊以上宿泊客 特別割引キャンペーン
現代の湯治場「湯野上ホテル 心ノ癒」(南会津郡下郷町)は、5泊以上の宿泊客を対象に特別割引キャンペーンを行っている。1泊2食付4,000円(税別)。
現在、体に不調を感じているお客様が対象。①体に不調を感じている②5日以上の宿泊利用③当ホテルでの健康セミナー(無料)に参加できることが条件。以前に5泊以上で利用のお客様の紹介で、当施設を利用している方に限り、双方に宿泊一泊分をプレゼント。電話(0241-68-2217)で予約する。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト