サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 復興への思い > 被災地病院ではじめた在宅診療
復興への思い

被災地病院ではじめた在宅診療

福島県南相馬市における東日本大震災後10年間:診療編 南相馬市立総合病院附属小高診療所・所長 小鷹昌明 2021年3月10日 MRIC by 医療ガバナンス学会より転載

東日本大震災から10年が経ちました。
久しぶりの投稿となりましたが、この節目に時期に、被災地で9年間を過ごしてきた医師から一言発信させていただきます。
■被災地病院ではじめた在宅診療

震災当時、私は北関東の大学病院で准教授として勤務していました。不自由はありませんでしたが、残りの半生は、より必要とされる現場で自分を活かしたいと考え、震災から1年後、福島県南相馬市の被災地病院に飛び込みました。
南相馬市立総合病院は、福島第一原発から23 kmに位置する被災最前線の病院でした。当初は、まだまだ続く極端な医療者不足と医療資源不足との混乱のなか、被ばく医療を学びながら、それぞれが自分の役割をしっかり果たすことで、なんとか病院機能を維持していました。私もひとりの勤務医として、それをサポートさせていただきました。

“脳神経内科”としての自分の専門領域では、神経難病患者のマネジメントに苦慮しました。進行を余儀なくされるALS(筋萎縮性側索硬化症)では、施設に送るにしろ在宅に戻すにしろ、サービス体制が圧倒的に足りませんでした。介護や福祉の担い手であるお母さん世代の職員が、子供を連れて避難してしまったからです。
人工呼吸器を装着した本疾患の在宅支援では、関係者を総動員させる必要があり、私も慣れないなかで、見よう見まねの訪問診療を開始したのでした。結局、ただ励まし続けただけだったかもしれませんが、それでも在宅看取りというものに、はじめて向き合うことができました。大学病院にいるだけではけっして味わえない貴重な体験でした。

密接した仮設住宅で問題になるのは、“流行り病”です。ボランティアを募り、巡回しながらのインフルエンザワクチン接種は苦労もありましたが、その甲斐あってか、クラスターの発生は抑えられました。

   

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。バラの季節を迎え、特価でのバケツ売りの特売日もあり。ホームページ2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した東和ユニフォーム(本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開

おすすめサイト