サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなのニュース > 地中熱の利用を考える 郡山でふくしま地中熱利用情報交換フォーラム
みんなのニュース

地中熱の利用を考える 郡山でふくしま地中熱利用情報交換フォーラム

ヒートアイランド対策から融雪、冷暖房と幅広く利用できる地中熱。そうした多用途な地中熱利用の注目が集まる中、2019ふくしま地中熱利用情報交換フォーラムが10月15日、郡山市中央公民館で開き、これからの地中熱利用や将来性を考えた。
 福島県は東日本大震災・原発事故後、県内原発の全基廃炉を前提とした「原子力に依存しない、安全・安心で持続的に発展可能な社会づくり」を復興の理念に掲げ、その中で地中熱利用は再生可能エネルギー施策の重要な一つとして位置づけている。
 フォーラムの基調講演で、環境省東北地方環境事務所の小沢晴司所長が「我らに要るものー大きな力と熱~福島の豊かな自然と風土を活かした環境再生を目指し~」と題し、地域自然環境理解の重要性を説いた上で具体的な導入の取り組みを説明した。
 隣接の宮城、新潟両県の研究会、自治体の活動も紹介。このあと、福島県設備設計事務所協会の小柳浩会長、建築設備技術者協会東北支部の黒澤正志支部長、土田建築設計事務所の飛木佳奈取締役・企画室長らによるディスカッションもあった。
               ◇
 地中熱は、地表から地下約200㍍の深さまでの地中にある熱。このうち、深さ10㍍以深の地中温度は季節に関わらずほぼ安定し、夏は外気温より冷たく、冬は暖かい性質を持つとされる。
 こうした安定した熱エネルギーを地中から取り出して利用する方法は、ヒートポンプ、空気循環、熱伝導、水循環、ヒートパイプの5つに分類できる。
 環境省の調査では、地中熱利用システムの設置件数は7748(2017年度末現在)で、ヒートポンプが最も多く2662。次いで空気循環2060、水循環2024となっている。国内での地中熱利用システムの導入件数は北海道が最も多く762。次いで山形県724、千葉県652と続く。概ね北海道、東北、北陸などの積雪寒冷地での設置が多い。
 このうちヒートポンプ方式の設置件数は、北海道が714と突出して多く、次いで秋田県、東京都、長野県、新潟県、岩手県、青森県、埼玉県、福島県98と続く。
 地中熱はこれまで至る所で設置され、東京スカイツリー地区、羽田空港ターミナル、東京オリンピック・パラリンピックのバレーボールなどの競技会場となる有明アリーナや水泳会場の東京アクアティクスセンターなどの施設にも導入されている。
 用途は道路融雪、農業用途、温水プール、病院、学校、消防署、庁舎、鉄道施設と広範囲だ。

おすすめ情報(PR)

既製服にはない美しいフィット感
誂えのセレクトショップ・佐藤洋服店(本宮市)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売。バラ園がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は別途。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
亀屋食品こだわり豆腐ギフトセット
木綿青ばた豆腐、青ばた寄せ豆腐、ごま豆腐、手あげなどの1500円セット(7品6種)と2000円セット(10品7種)。箱代・氷代込み。送料は別途。電話0248-82-2760・ファックス0248-82-2761

豚肉専門店ノーベルの贈答品
豚肉専門店ノーベルは、お中元贈答品を受け付けている。本店(☎︎0248-53-4129、泉崎村泉崎字63-1)と希望ヶ丘店(☎︎024-983-6393、郡山市富田町大徳南6-2)。各種肉が2〜3割引。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

潮目食堂エブリア店オープン
海産物専門のおのざき(いわき市平鎌田町)は、いわき市鹿島の鹿島ショッピングセンターエブリア内に潮目食堂をオープン。2店目。ボリュームのある海鮮が自慢で、海鮮丼、刺身盛り、焼き魚定食など豊富なメニューを用意。
縫製工場・店舗が営業再開
台風19号による水害で縫製工場・店舗が被災した東和ユニフォーム(本宮市本宮字舘町2-1)、SATO TAILOR 佐藤洋服店(同)は、ともに営業を再開

おすすめサイト