サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「五輪と万博」
コラム・筆は一本也

「五輪と万博」

2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。最近は初めての開催地に分があり、2回目の大阪は果たしてどうだろうかと思っていたが、ロシアのエカテリンブルク、アゼルバイジャンのバクーを退け、1970(昭和45)年の大阪万博以来55年ぶり2回目の開催を獲得した。

▼「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマとなる2025万博は、大阪市此花区の人工島・夢洲(ゆめしま)が会場となる。健康や医療分野での人工知能(AI)、仮想現実(VR)など先端技術を紹介するというから、日本の先端技術力をアピールするまたとない機会だろう。
 
▼前回の五輪、万博当時は高度経済成長期。万博は「いざなぎ景気」最後の年だった。相次ぐ五輪、万博で浮かれていた訳ではないだろうが、次は厳しい試練が待ち構えていた。好景気の反動に加え、1971年にドル・ショック、73年にはオイル・ショックと日本経済は一変し、大混乱した。

▼前回の大阪万博は当時高校生だった。予備校〜大学のころは厳しい時代に突入。同時期に父が亡くなったこともあり、ぬるま湯生活からガラリと変わった。石油、食品、日用品が軒並み高騰するなど経済は混乱。混沌とした世の中の状況が、私の原体験として今も頭に焼き付いている。


▼さて、1964東京五輪から6年後の大阪万博。今回は2020東京五輪から5年後の大阪万博。ちょっと出来過ぎのような感じもするが、ともかく相次ぐ五輪、万博を心から祝いたい。ただ、歴史は繰り返すと言う。これから待ち構える社会を真剣になって考えなくてはならない。【平々凡々】
                          (2018・11・24)


おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト