サイト内を検索 WWWを検索
HOME > ポーランド・ナウ > No.48 破壊された城の跡
ポーランド・ナウ

No.48 破壊された城の跡

 皆様、昔は、ポーランドは多数のお城や宮殿がありました。歴史上でその多くは破壊され、今は壊されたままで残っています。とても残念なことですが城跡としても魅力的です。
 「城跡の街道」というところがあります。独特な雰囲気に覆われて、人気のあるところです。今日はその二つをご紹介したいと思います。
 最初はLiwリヴ城についてです。リヴ城の場所に設立された最も古い砦は、13世紀中に木材と土で築かれたそうです。
 15世紀の初頭に、マゾフシェ公国(ほぼ現在のマゾフシェ県:県庁所在地はワルシャワ)の大公は、門と楕円形の中庭で区切られた2つの建物からなる騎士用の要塞を建てるように命じました。16世紀には、地方の妃とボナ・スフォルツァ女王(イタリア人であるポーランドの女王)によって、お城が拡大され、砲台も設置されました。
 ボナ・スフォルツァ女王は権力者で、他城も増築や拡大しました(下記に紹介するチェルス城を含めて)。 残念ながら、17世紀の半ばに「大洪水」という時代が始まり、ポーランドがスウェーデンによって侵略されました。リヴ城は、1657年にスウェーデン軍の砲撃を受け、結構壊されてしまいました。
 1700年と1703年に再びウェーデン軍によってほぼ完全に破壊されました。残った城跡は第二次世界大戦の1944年に損壊を受けました。やっと戦争が終わり、「ゴシック様式の城跡」として保護されました。再建された門塔や旧屋敷は歴史博物館になっています。絵画、様々な時代の武器や家具が展示されています。夏場はお城の前に屋外イベントが開催されます。例えば騎士のトーナメント、「考古学祭典」、オートバイのフェスタ、地方料理のコンテストなどが行われます。
 さて次はCzerskチェルスク城についてです。マゾフシェ地方の中世最古の要塞の一つです。旧スラブの定住であったところで11世紀に土や木材での砦として建てられました。13世紀にピアスト王朝のマゾフシェ大公の拠点になりました。そして、その13世紀はお城の「黄金時代」でした。14世紀の終わりに当時の大公は、自分の土地をドイツ十字架騎士団から守るために、チェルスク城のことをゴシック様式のレンガ造りのお城に改築させました。工事は1410年に完成しました。
 しかし、様々な政治的な理由や、お城のそばで流れていた川の移転のため、大公はワルシャワに移ってしまい、お城の重要性がなくなりました。もし、大公がワルシャワに移っていかなかったら、将来、ワルシャワではなく、チェルスクがポーランドの首都になるにちがいません。
 16世紀前半にチェルスクの持ち主になったボナ・スフォルツァ女王がお城を拡大しました。このお城も、リヴ城と同じように、1656年にスウェーデンの大洪水中に深刻な被害を受けました.18世紀の後半の間にポーランドが分割されてから、チェルスク城はプロイセン人によってほぼ破壊されました。結局、1915年に(第一次世界大戦)ドイツとロシアの戦いでお城の遺跡がさらに壊されてしまいました。現在は、城跡として見学可能です。夏間は野外イベントが開催されたりします。騎士のトーナメント、「スウェーデン軍とお城」、「中世期の痕跡」や「城の恐怖の夜」などが行われます。
 ポーランド人はきれいなお城が残ればいいと残念がっています。でも過去に起きたことは仕様がありません。それについていろいろ勉強して、悲しいことを誰も再び感じませんように頑張るしかないですかね。

 【フォトギャラリーに関連の写真があります】
 http://www.fukushima-net.com/sites/glist/9
 

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト