サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「もう一つの戦い」
コラム・筆は一本也

「もう一つの戦い」

秋涼の9月を迎えた。長雨もあり、ひときわ実感の乏しいこの夏だったが、ともかく夏は過ぎゆくといったところだろうか。きのうは「防災の日」だった。今から94年前の1923(大正12)年9月1日、関東大震災が発生した。72年が経ち、22年前の1995年(平成7)年1月17日には阪神・淡路大震災、それから16年後の2011(平成23)年3月11日に東日本大震災が発生している。
 
▼190万人が被災し、10万5千人が死亡、あるいは行方不明になったとされる関東大震災だが、神奈川県の相模湾北西沖を震源とするマグニチュード7.9の地震だった。昼時に差しかかろうとした午前11時58分、関東地方などを大地震が襲う。神奈川県と東京府を中心に千葉、茨城、静岡県東部までの内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらし、その被害状況はわが国における災害史上最大級とされる。
 
▼犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めた。地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、各地で多数の火災も発生した。建造物の被害では、高層建築物だった浅草の12階凌雲閣が崩壊。建設中だった丸の内の内外ビルディングが崩れて作業員約300人が圧死する。大蔵省や文部省、内務省、外務省、警視庁といった建物や、帝国劇場、三越日本橋本店など文化・商業施設の多くも焼失。
 
▼これらの大災害に世界各国から日本に対する救援や義捐金、医療物資の提供の申し出が相次ぐ。特に第一次世界大戦時に共に戦ったアメリカの支援は相当なもので、さらに「なお希望品を遠慮なく申出られたし」との通知があったとされる。義捐金の多くはアメリカとイギリス、中華民国から送られ、ほかにもインド、オーストリア、カナダ、ドイツ、フランス、ベルギー、ペルー、メキシコなどからも救援物資や義捐金が送られた。
 
▼最大の支援国だったアメリカ、それにイギリス、中華民国とは10数年後、日本は戦いを始めることになる。関東大震災から88年後、巨大津波や福島の原発事故をもたらした東日本大震災が起こる。死者15,892人、行方不明者は2,574人。さらに東京電力福島第一原発事故が発生し、この先半世紀先とも言われる廃炉はいまだ見通しが立っていない。【笑止千万】
                     (2017・9・2)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト