サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなのニュース > いわき市復興へ地域の将来ビジョンを示す
みんなのニュース

いわき市復興へ地域の将来ビジョンを示す

東日本国際大学・地域振興戦略研究所は7月26日、第2回調査研究発表会「いわき市復興の調査と提言」をいわき市の同大学で開き、震災・原発事故から立ち上がる地域の将来ビジョンを示した。
 東日本国際大学長で地域振興戦略研究所長の吉村作治氏を総括・はっコーディネーターに、4人の研究員がそれぞれ取り組んだ調査の成果を報告した。
  4人の研究員のうち、柏木裕之氏は「いわき・中之作プロジェクトにおける家を受け継ぐ仕組み作り」、田部康喜氏は「いわき地域を中核とした大規模観光圏の構想」、三重野徹氏は「グローカルの推進 第二次調査研究グローカル・イノベーションに向けて」、今野久寿氏は「原発事故による避難指示自治体の現状と課題」をテーマに発表した。
 この中で柏木氏は、地域の共同体意識が強いいわき市の漁港・中之作地区で展開する古民家「清航館」プロジェクトを取り上げ、空き家を親族以外が「家」として受け継ぐシムテムを紹介した。
 NPOのボランティアが空き家をリフォームして入居対策する事例を取り上げ、新しい居住・移住の形態を示した。
 元朝日新聞記者でもある田部氏は、官民などの幅広い連携によって地域観光を推進する法人組織DMO(Destination Marketing/Management Organization)による広域観光圏形成の展開を提言した。
 「新潟・群馬・長野の3県には雪国観光圏があり、広域で観光誘客を進めている。連携により産品の6次化も進み、新たな観光資源を見いだすことができる」とした。こうした点を踏まえ、「常磐地方を指すいわき(福島県)、北茨城、高萩(茨城県)も有望な観光圏を形できる」と呼びかけた。
 発表会では昌平黌の緑川浩司理事長があいさつ、発表会に先立ちDVD「ヒューマンテクノロジー都市 いわきからの発信」が上映された。

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト