サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなの経済・企業 > 食品の放射線量を測定 市民が安心求め活用 郡山に開設 
みんなの経済・企業

食品の放射線量を測定 市民が安心求め活用 郡山に開設 

 郡山市の県教職員組合郡山支部に先月、食品の放射線量を測定する市民放射線測定所「3a(スリーエー)郡山」が開設された。
 安全・安心な食品の確保は、内部被ばくを防止するうえで最も重要なことから、まずは「食品の放射能測定は不可欠」として設けられた。市民の申し込みに応じて測定する。
 これまで8件の依頼があり、自宅で栽培された野菜や、釣った魚などを測定した。このほか、食品関係の企業からの問い合わせもあったという。
 測定機材は微量放射能測定装置「FNF―401」(応用光研工業製)。被災者を支援している事業所「カタログハウス」が無償で貸し出している。
 検出限界値は、検体1㌔あたり5ベクレル。食品や飲料水に含まれる放射性ヨウ素、セシウムからの微量な放射能を測定できる。
 測定費用は1検体3000円。収益は会の運営費、機材のメンテナンスに当てるという。
 実家で栽培したニンジンを検査するため訪れた郡山市の佐藤景子さんは、「小さな子どもがいるので、日ごろから食べ物には気を使っている。検査の結果、問題がなかったので食べようと思う」と、ほっとした様子で話した。
 野口時子代表は、測定所の設置について「市民活動のため測定値の証明書は発行できないが、安心して食べられるための目安になればと考える。より多くの人に自分たちの活動を知ってもらい、測定所を活用してほしい」と話す。
 市民放射線測定所は市民団体「安全・安心アクションin郡山」が運営。同団体は、原発事故以降、子育てに不安を抱える主婦らが中心となり昨年6月に設立した。子どもたちを放射能から守るため、署名活動や勉強会を行っている。
 検体は、米粒程度の大きさに刻んで持ち込む。測定時間は、前準備と測定後のデータの説明も含めて1時間程度。
 測定日は原則、毎週月、水、金曜日、午前10時~午後4時まで。開設場所は郡山市桑野2丁目33-9、福島県教職員組合会館内の県教職員組合郡山支部。
 測定希望日の前日までに、電話で依頼者の氏名、連絡先、依頼希望日、依頼内容を連絡したうえで予約する。
申し込みと問い合わせは、安全・安心アクションin郡山(電話024-932-214)へ。

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト