サイト内を検索 WWWを検索
HOME > ポーランド・ナウ > №38 ピエルニク
ポーランド・ナウ

№38 ピエルニク

Dzień dobry こんにちは。 皆様、お元気でいらっしゃいますか。

 ポーランドは6月はいろいろなところで様々なイベントが行われます。 その一つはコペルニクスの出身地、トルン(ガイドブックにはトルンと書いてありますが実は発音がトルニです)で行われるイベントです。  
 トルン市には昔から、資料によりますと700年前から、有名なジンジャークッキーが作られています。ポーランド語では pierniki ピエルニキ(複数)と言います。イベントは「ピエルニキの祭り」です。1918年にポーランドが独立してから第二次世界大戦の間には時々行われていましたが、2001年からは毎年6月の決まった土・日に行われるようになりました。
 
 伝説によりますと、中世期に粉屋さんの娘が、トルンにお見えになる王様のために特別なスィーツを作らなければならなかったそうです。蜂とは仲が良かったので「蜂蜜も加えてください」と蜂に勧められました。他の調味料、生姜も含めて加えて、とても美味しいクッキーができたそうです。(トルン市は昔から貿易都市として栄えていまして、海外の様々なもの、ポーランドにはない調味料などが知られていました。)
 
 クッキーのレシピは長い間大事に保管されていて、選ばれた人にしか教えられなかったのです。現在はポーランド全国で作られていますが、トルニのpiernikiはやっぱり独特な味をしています。  
 中世期の年代記編者は、ポーランドの最良のものとして次の三つを述べました:「クラクフの女性、グダニスクの靴とトルンのピエルニキ」。  
 ワルシャワが発展して、首都になってからは、ポーランド人の意見が少し変わりました。17世紀の詩人によりますと「グダニスクのウオッカ、トルンのピエルニキ、クラクフの女性とワルシャワの靴」が一番いいと思われるようになりました。ジンジャークッキーにとってもっと有利になりました。  ポーランド人はトルンのピエルニキが大好きです。

 トルン市にはショパンの伯父である伯爵の家があり、ショパンはそこを訪れた時にはピエルニキを食べました。それについて手紙にも書いてます。
 【クッキーとは関係ないですがその伯爵の家庭教師はショパンの父親でした。伯爵の息子は、ショパンの婚約者、マリアと結婚しました。ショパンが病気気味だったのでマリアのお父さんが反対したのです。でも結局離婚してしまいました。】  
 ピエルニキの種類は多いです。  
   ○砂糖衣がけ・中身なし(プレーン)のもの、
   ○砂糖衣がけ・中身はいろいろな味のママレード、  
   ○チョコレートコーティング・中身なし、  
   ○チョコレートコーティング・ママレードが入っているものなど。

 1763年にクッキーの工場ができました。今も残っています。最近はピエルニキだけではなくほかの甘いものも製造しています。 ピエルニキの博物館もいくつかあって、そこではクッキーを作る体験ができます。 クッキーの他には piernik ピエルニクというケーキもあります。美味しいですよ。

写真をご覧ください。
 

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト