サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「差別の萌芽」
コラム・筆は一本也

「差別の萌芽」

ある取材の中で配布資料の中にあった一枚のメッセージ文。福島原発事故避難者の「6年目の今を考える」と題したメッセージだ。悲痛な叫びが、どうしても頭から離れなかった。避難指示区域になった福島県双葉郡楢葉町の女性が「原発被害者である私たちが生活再建や新たな環境を求めて努力していく中で、思わぬ差別や偏見につながる事実が起こる」ことを憂い、淡々と訴えている。そのあらましの一部を紹介したい。
 
▼昨年末の交流サイトSNSの「Face book」の記事には衝撃を受けたというものだ。「福島県いわき市の住宅街で、ある新築中の住宅の外壁に【原発賠償御殿、仲良くしない、やりすぎ】と黒いスプレーで落書きされた写真でした」と。この件を訴えた女性自身も、家族の状況もあって、借り上げ住宅から今はいわき市内の別の場所に引っ越している。たまたま前の家と後の家が同じく双葉郡富岡町の人が引っ越してきたという。
 
▼「私たちはお互い双葉郡の人間であることに安堵しつつ、今後ここで行きて行くためには目立ち過ぎず謙虚に余計な話はしないことが得策さだということを感じ取りました」という。さらに「自分たちのもとの地域コミュニティは崩壊したうえ、放射能被害の他にこんな複雑な思いをしながら生きて行かなければならないなんて、原発事故には本当にうんざりします」と胸のうちを明かす。これが現実、地域分断であり差別であると感じた。
 
▼実は
差別や、風評被害さえも、福島県外から受けるだけのものではなく自らの中にもこうした悲しい性をはらんでいるのではないか。賠償金の多寡をめぐる被災者同士の軋轢も記憶に新しい。原発立地の浜通り地方から70㌔以上も離れた福島県の商都郡山市。この街でもこのところ目立って「いわき」ナンバーの乗用車を見かける。それが何故か、高級車ばかりに目がいってしまう。これも外見で他者をうらやむ萌芽だろうか。そうであってはならない。【笑止千万】
                         (2016・3・26)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト