サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「電力会社の総力戦」
コラム・筆は一本也

「電力会社の総力戦」

「原子力 明るい未来のエネルギー」。東京電力福島第一原発がある福島県双葉町に掲げられた有名な看板のフレーズだが、原発推進のPR看板の撤去に、標語をつくった男性が抗議した。この男性が小学6年生の時に応募して採用された標語には、今となっては苦い思い出だけが残ってしまった。その東電が新潟県の柏崎刈羽原発の安全対策をテレビやラジオのCMで訴えているという。収束のめども立っていない事故から6年。もう原発事故さえも風化が始まったと思わざるを得ない。
 
▼CMは当然のように福島県から避難している人たちの怒りを買っているという。電力側は原発再稼働をアピールする狙いのようだが、真意が見え見えで腹立たしい。利益第一主義でCMを流すテレビ、ラジオも情けない。避難者らは「都合のよい情報だけを流している」と反発、先日は避難者の代表が東電に抗議する署名を手渡した。政治家の決めゼリフでもある「被災者に寄り添って」が如何に口先だけの戯言なのかも思い知らされる。
 
▼福島県によると、現在新潟県には約4千人が避難している。家族が離れ離れになっている人たちも多く、被災者を無視するようなCMの内容に怒りの声を上げている。昨年夏ごろから民放で放映し、緊急時の訓練の模様や原発周辺の沿岸にお目見えした海抜15㍍の防潮堤なども紹介しているとか。東電に手渡した署名は約1700人に上るが、見るたびに不快感を感じて被災者が軽視されているような気持ちになるようだ。
 
▼安全対策に力を入れるのは当然だが、未曽有の福島原発事故の悲惨さも紹介すべき、というのが被災者の思いのようだ。東電は新潟県の人たちの不安や心配に応えるもので、今後も続けるという。東電ばかりではなく関西、中国電力も再稼働には総力戦で臨んでいる。そういえば、電力会社の原発依存度が高いのが関電の43%、次いで九州電力41%、四国電力40%と西日本勢がベストスリーだ。春とともにそろそろ目が覚めてもよい時期なのだが…。【平々凡々】
                      (2016・3・25)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト