サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「桜の下には人」
コラム・筆は一本也

「桜の下には人」

今年のサクラは、平年より早い開花となるところが多いとのことだ。開花が一番早い予想なのは東京の3月18日、続いて福岡の19日らしい。暖冬で降雪量の少なかった今冬だが、やはり春の息吹や足音が近づくと自然と気持ちも和らいでくる。震災・原発事故から5年が経過した福島県だが、民間の気象会社によると、開花予想は福島市、いわき市小名浜がともに4月4日と、それぞれ例年よりも5日、2日早くなるらしい。日本三大桜のひとつに数えられる三春町の「滝桜」の開花は、4月10日で、見ごろは15日と予想している。
 
▼福島県観光情報サイトには、県内のサクラスポット190カ所余が紹介されている。気候風土が会津、中通り、浜通りと3地方に分かれる県内だが、サクラの開花は地域のよって1カ月以上のタイムラグがある。ある意味では県内にいて1カ月以上も桜見を楽しめるわけだ。ぜいたくと言えば、その通りぜいたくかも知れない。それで県内のサクラスポット情報をよくよく見れば、原発事故で立ち入りが制限されている大熊町や双葉町、富岡町のスポットは含まれていない。
 
▼これらの町は原発事故によって失われた地だ。年に一度の桜見さえも奪われた。桜の下での桜見は半世紀以上も望めそうにもない。そういえば、坂口安吾の短編小説「桜の森の満開の下」を思い起こす。「桜の林の花の下に人の姿がなければ怖しいばかりです」というくだりがある。美女をめぐる人殺しのオドロオドロした話だが、今の時代はサクラが素敵な花であるかのように言われているのも、昔はどこか恐ろしげな雰囲気をもつものとされていた。
 
▼無念を抱えたままの原発事故による被災地のサクラ。メルトダウンしたオドロオドロした原発と、美しく装うサクラ。これもやりどころのない悲しいストーリーかも知れない。間もなくやってくる春の観光シーズン。インバウンドと言われる訪日観光客が急増する中、福島県は10年比50%減の4万4千人と東北6県で外国人観光客が最も少なかったという。ひと気のない被災地。やはり桜の下には人の姿がなければ怖しいばかりである。【毀誉褒貶】
                             (2016・3・16)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト