サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「複雑な思い」
コラム・筆は一本也

「複雑な思い」

東京電力福島第一原発事故からもうすぐ5年。福島第一原発1〜3号機がメルトダウンし、燃料デブリが再臨界する懸念があるという。昨日、NHKのBS1スペシャル「福島第一原発 廃炉への記録」を見て、再び暗たんたる思いにかられた。予定では東京五輪が開催された翌2021年にデブリの取り出しがスタートするという。デブリがどうなっているのか。その姿はいまだにとらえられていないという。福島の地にいて、過酷な現実は今も同居する。
 
▼原発事故を経て今も廃炉作業に携わる作業員には頭が下がる思いだが、いまだに続く東電の隠し事には空いた口がふさがらない。その東電は国の管理下にあるが、国もけっして口を挟もうとはしない。未曽有の事故をはなから軽視しているのだろうか。国を上げて英国など他国への原発輸出、そして原発再稼働など、現実にふたを締めてしまおうという姿勢が目立つ。それにしてもアンダーコントロールとはよく言ったものだ。
 
▼東電の隠ぺい体質は今に始まったわけではない。その根は古くてしたたかだ。隠ぺい工作も東電のみに限ったことではない。政財界、官公庁、それに大企業の多くが持ち合わせている。しかし、原発事故のような過酷事故で隠し事があり得るのは重大な刑事事件である。その一端が間もなく裁かれようとしている。少なくとも裁判が始まる前、被告となる東電幹部には被災地に足を運んでもらいたかった。
 
▼「被災地、被災者に寄り添って」。よく喧伝される言葉だ。それでもあえて福島の復興のために信じよう。「福島の復興は日本の復興」でもあるから。昨日のNHK日曜討論で出席者のひとりが言っていた。「長い時間軸での支援を」「災害は今も続いている」と。待ちわびた避難解除区域に帰郷する被災者たちもいる。複雑な思いでいつも見つめる。未曾有の危機は5年経った今も続いている。【笑止千万】
                          (2016・3・7)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト