サイト内を検索 WWWを検索
HOME > コラム・筆は一本也 > 「義理賀状なのか」
コラム・筆は一本也

「義理賀状なのか」

年賀はがきを出す人、さらにその出す人でも年々利用枚数が減っているという。発行枚数は2003年の44億5936万枚をピークに年ごとに減り続けている傾向にあり、今年は30億2285万枚。およそピーク時から14億万枚以上減少している。普段手紙は書かなくても、年賀状は送るという人は少なくないと思っていたが、減少の要因は電子メールなどの普及に加えてライフスタイルの変化も背景にあるのかも知れない。そういう当人もここ数年ますます筆無精になった。
 
▼年賀状を義理堅く出す人でも、歳末押し迫ってからでないと宛名書きが始まらないというケースは結構多い。言い訳がましいが、時間があればあるほど手を付けたがらない。勤め人だったころは休日となれば遅寝遅起きであっという間に日が暮れ、一日が早々に終わってしまう。そんな中でまた出勤となるが、そこで職場ではとても目にしたくない光景を見てしまう。勤務中にはばかることなく宛名書きしている強い心臓の持ち主がいた。
 
▼不思議なもので毎年見ていると、あたり前の光景のように映ってしまう。年賀はがきを出す相手の顔を見ながらせっせとしたためるのは、どういう心境なのか知りたくもある。嫌みになるが、お互いにそれほどの相手ではないからかも知れない。さて、今はもっぱらパソコン頼りで手書きほどに時間はかからなくなったため、余り気をもむこともなくなった。そんな中、手書きの年賀状をいただくと差出人の気持ちが伝わり、ありがたい気持ちになる。
 
▼師走に入って、頻繁に届いていた喪中のはがきもパタリとなくなった。年賀のあいさつを控えさせてもらうという内容だが、生活辞典によると「喪」はあくまで近親者が死者を悼む自発的なもの。つまり「喪中につき年賀の儀は欠礼します」というのは本来おかしなことらしい。欧州では未亡人が一生喪に服することもあるという。喪中のはがきが届いたとしてもこちらから送るのは構わないという見方もある。相手方の気持ちを推し量っての判断となるが、これが最も難しい。だから職場で片手間に書いている場合ではない。【平和安泰】
                    (2015・12・26)

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト