サイト内を検索 WWWを検索
HOME > みんなの経済・企業 > 農工連携で福島の再生・復興と開発を提案 郡山で「グリーン・リノベーション」シンポ
みんなの経済・企業

農工連携で福島の再生・復興と開発を提案 郡山で「グリーン・リノベーション」シンポ

農工連携で福島の再生、復興と開発を考える「グリーン・リノベーション」シンポジウムが3月23日、郡山市のビッグパレットふくしまで開かれた。農工連携による福島バイオマス活創研究会「グリーン・リノベーションを目指して」と題した初の連続シンポジウム。
 福島の豊かな大地をバイオマスなどによって土地利用を進め、農・工とビジネス連携を図ろうという研究会。東京の一般社団法人 未踏科学技術協会エコマテリアル・フォーラムが主催した。NPO法人ビーグッドカフェ、NPO法人元気になろう福島の共催。
 主催者を代表し、エコマテリアル・フォーラム会長の原田幸明さんが福島グリーン・リノベーションの課題を交えてあいさつした。基調講演で東京大農学部教授の溝口勝さんが「農地除染と復興農業の課題」と題し、飯舘村で取り組んできた農地除染の現場実験やイネの栽培試験を紹介。農業再生のために農工連携で取り組むべき課題を述べた。
 物質・材料研究機構の小松広和さんが「セシウムの可視化とその応用への期待」、伊藤忠グループ・食料マネージメントサポートの岡地慶直さんが「バイオマス・コンビナート構想『グリーンペレットパイプライン』」、岩手県環境保健研究センターの佐々木陽さんが「CC炭による土壌浄化とセシウムへの可能性」についてそれぞれ提案した。このあと総合討論もあった。
 
 このうち、バイオマス・コンビナート構想については、福島県が進める廃炉研究、ロボット産業などの福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想でも提案されている。
 バイオマスの資源作物を介し、グリーンペレット集荷パイプラインや大規模物流基地が期待できる。とりわけ、最新鋭のバイオマス技術の導入により、生命資源加工拠点・背後地となり得る可能性があるという。
 国際的なバイオマス物流や海運・貨車によるバラ(バラ積み)物流では、閉鎖中の請戸漁港(浪江町)を戦略的に活用する方法も提案された。

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト