サイト内を検索 WWWを検索
HOME > 復興への思い > 「原発と見えざるグローバル資本」 工業デザイナー・竹原あき子
復興への思い

「原発と見えざるグローバル資本」 工業デザイナー・竹原あき子

工業デザイナー、和光大名誉教授 竹原あき子

1964年、千葉大工学部工業意匠学科卒。68年、フランス国立高等工芸大学卒。和光大名誉教授。工業デザイナー。2006年から4年間、福島県主催の「うつくしいものづくり大賞」の審査委員長を務めた。日本デザイン学会・日本基礎デザイン学会会員。バリアフリー推進委員会、通産省(現経産省)委員などを歴任。
著作に「立ち止まってデザイン」「ハイテク時代のデザイン」(鹿島出版会)、「環境先進企業」(日本経済新聞社)、「魅せられてプラスチック」「パリの職人」(同)、「縞のミステリー」(光人社)など。近刊「モナリザの微笑みと原発大国フランス」(緑風出版)
                ◇
東京とパリに居を構え、1年の3分の1はパリを拠点に活動。東日本大震災後、フランス各地で行われた被災地への追悼と復興を願う行事を取材し、リポート。福島第一原発の事故が、フランスの再生可能エネルギーによる電力開発のスピードを加速させている現状を日本経済新聞グル―プのサイト誌上に7回にわたって紹介。
  • 国境を超える支配
 
国家が原子力発電の稼働を促している、と考えるのは間違いのようだ。見えない巨大なグローバル資本の手が、あらゆる国家の原子力政策を操っている―と言った方が正確かもしれない。
必ずしも原子炉をつくれ、と命令するものではない。そうではなく、ウラニウムの開発とその加工、そしてその商品化を絶やすな、というものだ。つまり、ウランという素材を加工すれば核爆弾ができ、その平和利用という名目を立てれば原子力発電に―というシナリオをグローバル資本が描いているからにほかならない。
ウラニウムの開発は平和時にも戦時にも、高額な利潤が上がる産業だからだ。とりあえず平和にみえる現代に目に見える形で存在を主張するには、原子炉を稼働させる燃料を絶やすなと配慮するだけで十分だ。それがグローバル資本の戦略でもある。
彼らは国境を楽々と超えて利潤を上げ、世界を支配する。その下部構造にある先進諸国の政府は、一方で「停電怖くないか」、もう片方で「産業への打撃があるから」と、国民の日常生活への恐怖感をちらつかせて脱原発を阻止する。
 
  • 日本のウラン産業
 
日本の大企業がウラニウム獲得のために資本を投下し始めたのは、それほど昔ではない。2005年ころから始まり、07年には参画数でピークを迎えている。例えば、次のように。
三井物産はカナダ・ウラニウムワン社から、同社が保有するオーストラリア州ハネムーン鉱山を含む6つのウラン鉱区の権益を取得することを08年に決定し、約73億円を投資した。
三菱商事は07年、カナダにあるキャンアラスカとのオプション契約に基づいて、1,100万カナダ㌦(約12億円)の拠出をし、ウェスト・マッカーサー・ウラン資源探鉱プロジェクトの50%権益を取得した。
住友商事はアメリカに設立したSC Clean Energy Inc.を通じ、カナダに本拠を置くStrathmore Minerals Corporation(ストラスモア社)と一緒に、07年に約1~2億円でニューメキシコ州のロカ・ホンダウラン鉱床開発の事業に合意した。
                         
                                  ②                    ③

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
熟成とんかつまる兵衛が郡山に1号店
熟成とんかつまる兵衛 亀田店が郡山市(下亀田24-1-2、電話024−973−6005)に初出店。とんかつは40日間熟成の肉・福島の三元豚を使い、特製の銅鍋で職人が手揚げしている。うまみたっぷりの八丁味噌だれがかかった「みそカツとカツ玉定食」(1080円・ランチ価格)など豊富なメニューを取りそろえている。ご飯は会津のコシヒカリで、毎日精米。 
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

「メディカルフィットネスさくら」オープン
南東北春日リハビリテーション病院(須賀川市)は、フィットネスジムをオープン。一般・学生・シニアの各会員を募集中。詳しくは、☎0248-63–7299。

おすすめサイト