サイト内を検索 WWWを検索
HOME > ポーランド・ナウ > №22 ポーランドの復活祭(その3) 復活祭のケーキ
ポーランド・ナウ

№22 ポーランドの復活祭(その3) 復活祭のケーキ

< 復活祭のある時期は「聖週間」(ポーランドでは「大週間」)と呼ばれています。「大木曜日」から「大月曜日」までの日はいろいろな行事が行われます。>
 
今回は、復活祭で食べるケーキ について書きます。
 
 復活祭は「mazurek マズレク」、「babka wielkanocna バブカ・ヴェルカノツナ(復活祭のバブカ)」や「piernik ピエルニク」というケーキを作ります。
 「Mazurek」はマズルカの意味で、「Mazowsze マゾフシェ」地方からできた名です。Mazowszeは現在ワルシャワの周りの地方名です。元々はワルシャワの北のほうにある地方名でした。マズルカ曲とマズルカ・ケーキはMazowszeのものです。
 

 「Babka wielkanocna」のバブカの意味は、「老婆、老女」の意味です。昔は復活祭の行事の間、特に年とった女性は波形のきれいなスカートをはきました。ケーキの形がそのスカートの形と同じなので、そういうふうに名づけられました。
 「Piernik」はいろいろな調味料を使って作られたケーキで、特にシナモン、生姜、クローブと蜂蜜が使われます。 

イースターにはコショウソウの種も植えます。コショウソウは健康、生命力、活力、体力のシンボルで、復活とも関連します。



[編集者注]
コショウソウ : コショウソウ(胡椒草、学名:Lepidium sativum)はアブラナ科の一年草。別名、ガーデンクレス。同科オランダガラシ属のクレソン(ウォータークレス)と共にクレスと呼ばれる。 野菜として栽培され、コショウのような辛みがある。
<wikipediaより>


写真は上から マズレク ピイエルニク コショウソウ
 
フォトギャラリーに関連写真掲載

おすすめ情報(PR)

誂えのセレクトショップ
SATO TAILOR(恵比寿店・四ツ谷店・赤坂店・銀座店・代々木店・横浜馬車道店・本宮店・長野店)は、既製服にはないフィット感の美しいシルエットのスーツなどを提供している。ジャケット、オーダースーツ、靴なども取り扱っている。
海産物専門店「おのざき」の通販
全国一律1,000円の送料。届け先1件あたり。クール代・税込み。お買い上げ代金10,000円以上で送料無料。フリーダイヤル0120-024-137。携帯電話からは0246-23-4174
日持ちのする「プリザーブドローズ」
にこにこバラ園(須賀川市)は、1年以上持つというプリザーブドローズを発売している。バラ屋がデザインしたプリザのバラアレンジメント。2,000円〜10,000円台(消費税別)。送料は8月まで200円引きの600円。Tel・Fax0248-72-7834
かに徳の宴会と法要プラン
かに刺し満足コース・かにすき鍋満足コース・かにちり鍋満足コースを用意。2時間飲み放題。無料送迎バス付き(10名様以上)。予約は☎024-931-2188
豚肉専門店ノーベルが郡山に初出店
泉崎村の豚肉専門店ノーベルが郡山市(富田町大徳南6-2、電話024−983−6393)に初出店。自家精肉、手作りハム、揚げ物などをそろえている。ノーベルはドイツ食肉加工国際コンテストで金メダルを受賞。豚肉生産は泉崎村の生産農場・中野目畜産。
本宮特産・本宮烏骨鶏の酵母卵
ビール酵母で元気に育った烏骨鶏の酵母卵とトローリ酵母卵。熱処理した高品質の飼料をエサに安心・安全に飼育しました。卵黄のみを使って独自開発した酵母卵の卵油もどうぞ。

おすすめサイト